断食には内臓脂肪を減らす効果はある?効果的な断食の方法は?

内臓脂肪があると、体重が少なくても太って見えてしまいます。一般的に、筋肉をつけて、内臓脂肪を落とすのが理想的な体重の落とし方です。効果的に体重を減らす方法で、リバウンドしにくく、今の体型をキープすることができます。

断食は食べないので、体重は日に日に落ちていきます。ボクサーなど、過度に体重を落とすことが求められている人がするもので、健康的に体重を減らす方法としては適切ではありません。

必要な筋肉が削げ落ち、だからといって内臓脂肪は変わらないので、体重に占める脂肪の割合が増えるので、隠れ肥満になります。効果的な体重の減らす方法ではなく、次に食事をした際に、一気に体が元通りに増えたり、前より太ったりすることがあります。

断食はあやまったやり方は危険ですし、効果的ではありません。体重の健康的な落とし方は、食事制限と適度な運動しかないです。断食などでは健康とは正反対です。バランスのよい食事をして、野菜中心の食生活を心がけましょう。

乳製品やたんぱく質やミネラルなどをたくさん摂取し、有酸素運動で筋肉をつけて締りのいい体にします。この方法は健康的な体重の落とし方なので、一か月に1キロくらいで、時間をかけて体重を落とせます。

内臓脂肪 断食 減らす