内臓脂肪に悪い飲み物ってお酒?アルコール量を控えれば平気?

内臓脂肪に悪い飲み物、お酒は内臓脂肪に悪影響があるかどうか、またアルコール量は控えていれば平気かどうかについては以下の通りです。

まず内臓脂肪に悪い飲み物ですが、これはお酒などのアルコール類と砂糖がたくさん含まれている清涼飲料水が挙げられます。内臓脂肪は、余分な脂肪酸が中性脂肪となって内臓周りについたものです。

そしてアルコールが肝臓で分解される際には、この中性脂肪が多く発生します。更に中性脂肪はブドウ糖、つまり糖質の過剰摂取によっても発生しやすくなるので、清涼飲料水も、これに対しては悪い飲み物に分類されます。

特にお酒類は、内臓脂肪に対してとても悪影響になる可能性が高いと言われています。肝臓に脂肪がつきやすくなり、更にアルコール分解によって肝臓にかかる負担も大きくなりやすいためです。

またお酒類の中には糖質を多く含んでいるものが多いと言うのも、理由のひとつです。ただしアルコールは、量を控えて飲めば体にとって良い影響をもたらすとも言われています。

どれくらいの量が望ましいのかと言うと、男性で日本酒であれば1合程度、ビールの場合は中ジョッキ1本程度で、女性はこれよりも少ない量が良いとされています。

そして毎日、飲むのではなく、週の内1~2日は飲まない日を作るのも健康のためには必要なことです。

内臓脂肪 酒 アルコール