内臓脂肪を燃焼する理想的な運動時間は?室内でできる運動方法って?

内臓脂肪を燃焼する理想的な運動時間はどれくらいなのか、また室内でできる方法でおすすめのものは以下の通りです。内臓脂肪は内臓の周囲についている脂肪のことで、脂肪を燃焼するためには酸素の力が必要です。

ですから種類としては有酸素運動がおすすめです。運動をした際に消費されるエネルギーは、まずは糖質から優先的に利用されます。

糖質が使い尽くされると血糖値が低くなるため、それを安定させるために褐色脂肪細胞が酵素を出し、この酵素によって脂肪が分解され、これがエネルギーとして利用されるようになると言うメカニズムです。

ですから有酸素運動はある程度の時間、継続して行うことが必要です。理想的な時間としては20分以上と言うのがひとつの目安です。

内臓脂肪を燃焼するためには、室内で体を動かすのもひとつの方法です。室内だと天候に左右されにくく、また人目を気にすることもないので、継続して行いやすいと言うメリットがあります。室内でできる方法として、まずは踏み台を利用した昇降が挙げられます。それからスクワットです。

特に下半身の筋肉を鍛えるスクワットは基礎代謝を上げることにもつながるので、ダイエット面でも効果が期待できます。それから道具やスペースがあれば、フラフープや縄跳びもおすすめです。

内臓脂肪 運動 時間