内臓脂肪の燃焼に腹筋や有酸素運動は効果的?

内臓脂肪の燃焼に腹筋は効果があるかどうか、そして有酸素運動との効果の違いなどについては以下の通りです。

内臓脂肪は体の内側、内臓の周囲についてしまった脂肪のことです。放置しておくと様々な病気の発症リスクを上げることから、対策をとることが必要です。

そのひとつが運動なのですが、結論から言うと腹筋はあまり効果が期待できないことです。脂肪を燃焼させるためには酸素を取り込むことが必要です。腹筋は有酸素運動ではないので、あまり効果が期待できないと言うのが理由のひとつです。

それから腹筋は、お腹周りにだけ働きかける運動です。しかしだからと言って、お腹周りの内臓脂肪が燃焼されていくかと言うとそんなことはなく、脂質がエネルギーとして全身に運ばれている以上、それを燃焼させるためにはやはり全身に働きかけるような運動が必要であると言うのも理由のひとつです。

またこれは長時間、継続して行うのが難しい運動です。対して有酸素運動は、まず運動をしながら酸素を取り込む運動であると言う点において、内臓脂肪の燃焼に効果が期待できます。

更に全身運動であり、ある程度の時間、継続して行うことが可能であると言う点も、腹筋との違いであり、効果が期待できる点です。

内臓脂肪 腹筋 有酸素