内臓脂肪がつくのはお酒が原因なの?アルコールの量で影響は変わる?

お酒が内臓脂肪の原因になるかどうか、そしてアルコールの量によって影響は変わってくるかについては以下の通りです。内臓脂肪とは、文字通り内臓の周囲に脂肪が多くついた状態のことを言います。

食事から摂取した脂質は、肝臓で脂肪酸に分解され、小腸で吸収された後、使われなかった分は中性脂肪として肝臓に蓄えられます。

食事から摂取する脂質量が少なかったり、運動などで脂質を消費していると、内臓脂肪はつきにくいのですが、そのバランスが崩れていたりするとこれはつきやすくなってしまいます。

更に原因はこれだけに留まらず、お酒が関係していることもあります。酒類に含まれているアルコールも、脂肪同様、肝臓で分解されます。そしてその時には、中性脂肪が合成されやすくなります。

ですからお酒は脂肪肝のひとつの原因であり、アルコールの摂取量は、内臓脂肪に対する影響を大きく左右すると言うことができます。

このことを踏まえた上で体に負担かかかりにくいアルコール摂取量は、1日あたり中ジョッキ2杯程度、または2合の日本酒、3杯のワイン程度だと言われています。

そしてアルコールの種類によっては、糖質が多く含まれていることもあり、これも内臓脂肪の原因になり得ることです。ですのでできるだけ糖質の少ない種類を選ぶことも必要です。

内臓脂肪 酒 アルコール