内臓脂肪の原因は食べ物の可能性も高い?食事で内臓脂肪の改善はできるの?

内臓脂肪は、身体の中で増えすぎた中性脂肪が内蔵周囲にたまったもので、血糖値や血圧を上げる原因になります。身体の中の脂肪が増える原因の一つに食習慣があります。脂質と糖質を過剰摂取する食事を続けていると、内臓脂肪はたまりやすくなってしまいます。

多くの人が好む食べ物の一つにに揚げ物がありますが、揚げ物が多い食事は要注意です。さらに、ケーキ類や果物等の糖分が多い食べ物も控えた方が良いですし、お酒も中性脂肪を分解しにくくしてしまい、結果的に内臓脂肪を増やしてしまいます。

美味しい食べ物には、油脂や糖分が使われている事がほとんどです。何も考えずに好きな物ばかり食べていては、脂肪が増えて生活習慣病のリスクが高まってしまいます。

現在お腹周りが気になる人は自分の食生活を見直し、脂肪分や糖分の多い食事を控えるとかなり改善出来ます。しかし、食事だけで改善するにはかなり無理を強いられてしまいます。

そして、内臓脂肪が増える原因には運動不足もありますので、運動も取り入れた方が効率良く減らす事が出来ます。ウォーキングや水泳等の有酸素運動は脂肪を落とすのに効果的です。

出来れば運動と並行して、自分に合ったプランを立ててから行う方が続けやすいです。

内臓脂肪 食事 食べ物