内臓脂肪の増加理由は生活習慣に関係が?お腹周りの脂肪が増える理由って?

内臓脂肪が増えることの理由に生活習慣病が関係しているかどうか、お腹周りの脂肪が増加することの理由については以下の通りです。

内臓周りにつく内臓脂肪が増える理由に、生活習慣は大いに関係しています。端的に言うと内臓脂肪は、小腸で吸収されなかった脂肪酸が中性脂肪となったものです。

ですから食事で摂取する脂質量と消費する脂質量のバランスが崩れていると、内臓脂肪は増える傾向にあります。脂質の多い食事ばかりを食べていたり、運動をしない生活習慣を続けていると、このような状態になりやすいと言えます。

また中性脂肪はアルコールが肝臓で分解される際にも多く発生するので、過度なアルコール摂取も理由のひとつです。お腹周りの脂肪は内臓脂肪である場合もありますし、皮下脂肪である場合もあります。

ただいずれにしても脂肪なので、こちらが増加することに関してもやはり食生活や運動習慣、飲酒習慣などは大いに関係しています。また男性ホルモン、女性ホルモンには体に付く脂肪の量を調節する役割があります。

ですから年齢を重ねることで、それらのホルモン量が減少していくことが原因になることもあります。また生命維持のために消費されるエネルギー量は、加齢により少しずつ減少していきます。

そのため加齢も、お腹周りの脂肪が増加する理由となり得ます。

内臓脂肪 増える 生活習慣