内臓脂肪の減らし方で、お茶や酢といった飲み物は効果的?お酒は悪影響?

内臓脂肪の減らし方として、お茶や酢といった飲み物を摂るのが効果的ですが、お酒は飲み方次第であまり良い影響はありません。

内臓脂肪減らしてくれる飲み物の中で、お茶は特におすすめです。
お茶の中でも杜仲茶はデトックス効果が期待できます。肝臓の働きを整えて脂肪分解酵素を十分に分泌されるため脂肪やコレステロールの吸収を抑えたり、血中や内臓の脂肪を掃除してくれるのです。

またプーアル茶も効果的に脂肪を落とし、血糖値の吸収を抑える働きをしてくれます。そのほかにも緑茶、黒烏龍茶、びわ茶なども同じような脂肪燃焼効果が期待できます。

そして酢も内臓脂肪の減らし方に効果的です。
内臓脂肪は肝臓が弱っていると燃焼できないのですが、酢の主成分である酢酸は肝臓での脂肪燃焼効果があるため、内臓脂肪の減らし方として一番効果的です。

そして同じ飲み物でも、お酒は飲み方を間違えると悪影響を与えるので注意が必要です。
適度な量のお酒は健康にもいいと言われていますが、高カロリーなため適量を越えて摂取してしまうと、脂肪はどんどん蓄積されてしまうのです。

肝臓がお酒の分解に手を回さなければならない状況は他の食べ物の代謝が疎かになりますし、お酒の原料である米や麦は糖質なので肝臓で脂質になりやすいのです。

内臓脂肪 飲み物 お茶