内臓脂肪の減らし方で効果的な食事時間は?プチ断食も効果的?

現在の日本では、糖尿病や高血圧症などの生活習慣病にかかってしまう人が多くなっています。

特に健康診断に行くと、内臓脂肪が多いことを注意されることが多いことでしょう。そのままの状態でいると、心筋梗塞や脳梗塞などの命に関わる重大な病気になってしまうリスクが高いため、生活習慣を見直した方が良いのです。

内臓脂肪を減らし方としては、食べ物を摂取する食事時間にも注意が必要です。特に寝る前の2時間前からは食べ物を摂取しないようにすることは重要です。その時間からはカロリーを消費することがほぼないため、寝ている間に脂肪となってしまいます。

そのことから、食事時間に注意する必要があるのです。また食事時間として、運動をした後に鶏肉の笹身や牛肉のヒレ肉など良質のタンパク質を摂取すると、筋肉がつきやすくなり、カロリーが消費されやすい体へ変わっていきます。そのことも、内臓脂肪を解消する減らし方となります。

そして効果的な減らし方には、断食という方法もあります。断食といっても全く食べ物を食べないのではなく、酵素ドリンクなどに休みの日だけ置き換える断食が良いでしょう。

酵素ドリンクによって最低限の栄養が摂取できるため、健康的に内臓脂肪を減らすことができます。

内臓脂肪 食べ物 食事時間