内臓脂肪の効果的な燃焼方法とは?内臓脂肪が燃焼される仕組みやメカニズムって?

内臓脂肪の燃焼方法で効果的なもの、また内臓脂肪が燃焼される仕組みやメカニズムについては以下の通りです。

まず燃焼方法ですが、内臓脂肪に限らず脂肪が消費されるためには酸素の力が欠かせません。ですから方法として効果的なのは運動で、全身に働きかけながら同時に酸素を取り込む有酸素運動がおすすめです。

効果を得るためには継続して20分程度行うことが必要です。では内臓脂肪が燃焼される仕組みやメカニズムに関してですが、まず運動を始めると体はそのためのエネルギーを必要とします。

ただしこの時点でエネルギーとして優先的に使用されるのは糖質で、まずは血中の糖質が、その次に肝臓や筋肉に蓄えられている糖質が消費されていきます。そしてそれらが不足してようやく、脂肪が燃焼され始めると言う仕組みです。

そのためある程度のまとまった時間、継続して行うことが必要だと言うことです。糖質が不足すると、血糖値を安定させるためのホルモンが脂肪分解酵素を生成する褐色脂肪細胞に働きかけます。

脂肪分解酵素は脂肪をグリセロールと遊離脂肪酸に分解し、これらは血液にのって全身の筋肉に届けられます。血中に届けられた遊離脂肪酸が褐色脂肪細胞内のミトコンドリアに取り込まれると、脂肪酸がエネルギーとして使用されると言うのが一連のメカニズムです。

内臓脂肪 燃焼 仕組み