内臓脂肪を燃やす呼吸法って?皮下脂肪やダイエットにも効果があるの?

内臓脂肪を燃やす呼吸法とはどのようなものか、それは皮下脂肪やダイエットにも効果が期待できるのかどうかについては次の通りです。

内臓脂肪を燃やす呼吸法としておすすめなのが、腹式呼吸です。腹式呼吸は、簡単に言うとお腹を意識した呼吸法のことで、息を吐く時にはお腹をへこませて、息を吸い込む時にはお腹を膨らませると言う方法です。

胸式呼吸よりも横隔膜を大きく動かすため、体に取り入れる酸素の量が多くなりやすいと言う特徴があります。内臓脂肪を燃やすためには酸素の力が必要不可欠であるため、腹式呼吸はそれに対しての効果が期待できると言うことです。

お腹に手を当てて、まず口から息を吐き出します。この際、しっかりとお腹をへこませて下さい。息を吐き尽くしたと感じたら、次は鼻からゆっくりと息を吸います。この際にはお腹が膨らんでいくことを意識して下さい。

この呼吸法を繰り返すことで、内臓脂肪の燃焼が期待できます。更に皮下脂肪やダイエットに対しても、これは効果が期待できます。内臓脂肪だけでなく、同じ脂肪である皮下脂肪に対しても燃焼が期待でき、その結果として体重が減少すると言うのが理由のひとつです。

またエネルギー消費量が大きいインナーマッスル、体幹部を支える筋肉を鍛えることにもつながるので、ダイエットにも効果的です。

内臓脂肪 燃やす 呼吸法