内臓脂肪を燃やすのにヨーグルトの乳酸菌は効果的?乳酸菌の種類や成分って?

最近では内臓脂肪を燃やすと記載された商品をよく目にします。
生活習慣病は日々の食生活が大きくかかわってきますから、気をつけたいものです。
そこで一番お勧めなのが、ヨーグルトです。

ヨーグルトは腸内環境を整えて免疫力をあげる効果がありますが、なんと内臓脂肪まで燃やすとなれば、すぐにでも飛びつきたい食品ですよね。そしてその内臓脂肪を燃やす働きをする成分が乳酸菌のガセリ菌SP株です。

このガセリ菌SP株には内臓脂肪を燃やし、そしてその次に皮下脂肪まで減らしてくれると2009年の日本乳酸菌学会で発表されました。

ですので、ヨーグルトを選ぶときには、パッケージに表示されている成分を良く見て、ガセリ菌SP株が入ったものを買うようにしましょう。

そしてヨーグルトの食べるタイミングも重要です。一般的には朝食に食べる人が多いですが、なんと実は一番効果が高く現れるのは夜なんです。とくに寝る前に摂取すると良いとされています。

そのわけは、乳酸菌は寝ている間に腸内で活発に働きますので、朝スッキリそして脂肪燃焼の効果を高く発揮させたい人は、夕食後もしくは寝る前に食べるようにしましょう。

ヨーグルトは色んな成分がありますので、自分の体に合ったものを選んで日々の健康に役立てましょう。

内臓脂肪 ヨーグルト 乳酸菌