内臓脂肪の平均の値は男性と女性で違うの?また、理想の値って?

内臓脂肪の平均値は、女性よりも男性のほうが高くなっていて、理想の値もそれぞれ違っています。

性別関係なく見てみると、内臓脂肪レベルの目安は、標準1~9、やや高い10~14、高い15~30、となっています。やや高い場合は運動と食事制限により戻せる範囲です。

高い場合は医師の指導のもとでカロリー制限などによりダイエットに励む必要があります。理想値は標準範囲内となっています。

男女別での平均値は年齢によっても違っています。

男性では、20代でレベル6、30代レベル8、40代レベル9、50代レベル10、60代レベル12、となっています。女性では、20代でレベル3、30代レベル4、40代レベル5、50代レベル7、60代レベル6.5となっており、これは女性のほうが女性ホルモンの影響により内臓脂肪を蓄積しにくい性質を持っていることによります。

その代わり、男性よりも皮下脂肪は蓄積しやすいため、ふっくらとしたイメージがあるのです。

加齢と共に内臓脂肪の平均値が上がるのは女性ホルモンの量が減少するためであり、意識して少しずつダイエットに励み、メタボリックシンドロームにならないように理想のレベルに近づけることは、生活習慣病も遠のきます。

内臓脂肪 平均 値