内臓脂肪率の測り方は?また、内臓脂肪レベルって何のこと?

内臓脂肪は生活習慣によって付きやすいものです。そのため、正しくその脂肪率を測定する測り方を知り、定期的に測るに越したことありません。今回は、内臓の脂肪率の測り方と内臓脂肪レベルの定義について説明します。

内臓脂肪率は、単純に内臓の脂肪の量を表します。内臓に付いているものなので物差しや計りで計算することはできず、最近では体重計のオプション表示で測定することができます。

その場合は「内臓脂肪レベル」という値の大小で表示されます。よって、内臓脂肪率と内臓脂肪レベルは同じ意味です。測定原理としては、体内に微弱電流を流し、その流れにくさから測定するのが一般的です。

以前は放射線を使って腹部のCTスキャンを取る測り方しかありませんでしたが、高額であり被爆のリスクがあります。今では体重計による測定精度向上のための技術開発が進み、家庭にある体重計でもある程度の精度が維持されています。

内臓脂肪レベルの数値はその脂肪の蓄積量を面積値で表したものですが、体重計の主要メーカーであるタニタによると、レベル10で内臓脂肪面積の100cm2に相当するとしています。

この値が9以下であれば問題ないとされており、10~14だとやや過剰、15以上だと過剰とされ、積極的にな運動や食事制限による減量が必要です。

内臓脂肪 測り方 内臓脂肪レベル