BMIは内臓脂肪率にも関係あるの?BMIの計算方法って?

内臓脂肪とは、目に見えない体の中にある脂肪のこと、つまり腸や内臓に周りに蓄積する脂肪のことを言います。内臓脂肪率とは、この脂肪が体重のうちに占める割合のことを言います。内臓脂肪レベルを知る方法は、測定機能つきの体重計に乗るだけです。

またBMIとは肥満度数のことを言います。
計算方法は、体重(Kg)÷(身長m×身長m)で出ます。例えば身長が156cmで体重が48Kgだったら、「48÷(1.56×1.56)=19.72」という計算方法になります。

このBMI値が18.5-25で標準、25以上で肥満と判定されるそうです。最も健康的で病気になりにくい数値は「22」と言われているので「22」になるよう計算して自分御体重を増やしたり減らしたりするのも良いかもしれません。

BMIと内臓脂肪率は一見関係ないように見えますが、実は関係があります。
同じ身長・体重であっても筋肉や骨による重さ、または脂肪による重さなのかにより肥満判定が変わるからです。

つまり見た目が痩せていても、体の中に蓄積されている脂肪が多いと肥満とされる「隠れ肥満」や、
見た目が太めでも、脂肪は標準かそれ以下の人もいます。スポーツマンなどに多く見られるかもしれません。

体重が普通でもお腹がポコっと出てきたら内臓脂肪に関係があるかもしれないですね。

内臓脂肪 BMI 計算