ダイエットしても体重が減らない原因に内臓脂肪はどんな関係があるの?

ダイエットは極端に食事制限をしたり、食べないでいると体重は確実に落ちます。

一見すると、体重が落ちるのでダイエットが成功しているように感じますが、内臓脂肪は減っていないので、筋肉がただ落ちているだけですので、体脂肪率などを計ると、パーセンテージは高いので、痩せていると言えません。

減らない体脂肪率は、有酸素運動などを積極的に取り入れることで改善されます。体重を単純に見るのではなく、健康的に筋肉をつけ、内臓脂肪を落とさないと、本当の意味で体重は減らないですし、ダイエットが成功しません。

隠れ肥満と言われる状態の人が多いです。内臓脂肪が多い人は、筋力トレーニングなどをおこない、インナーマッスルを鍛え、長期的にスリムな体型にするようにウォーキングなどを日課に取り入れることが大切です。

減らない体重は徐々に落ちていきます。一か月に一キロから多くても三キロくらいまでを目途にします。いきなり痩せることは不可能ですし、骨もすかすかになりますので健康を損なうことになります。

バランスのよい食事を心がけ、運動を食事制限をうまく両立させることが最も大切です。毎日体脂肪率を計ることも大切で、日課にするといい結果につながります。

内臓脂肪 減らない 体重