断食に内臓脂肪を減らす効果やダイエット効果はある?空腹は良いこと?

断食は内臓器官を休めたり、デトックスに効果があると言われていますが、内臓脂肪の減少やダイエットに効果はあるのかについて、詳しく見ていきたいと思います。

まず、断食することによって何が起こるかというと、始めに筋肉が分解されて活動に必要なエネルギーが作られます。その後、一定量の筋肉が分解されると、次は脂肪が分解され始めます。

このとき、皮下脂肪よりも内臓脂肪が優先して分解されます。断食による空腹が続き、内臓脂肪からエネルギーが供給できなくなると、再び筋肉の分解が始まります。

つまり、体重だけを減らすダイエットならば、断食は適しているかもしれませんが、断食後の食事で過剰にエネルギーを摂取してしまい、リバウンドしてしまう可能性が非常に高いと言えます。

また、筋肉を減らすことによって代謝が悪くなり、結果的に痩せにくい体にもなりかねません。健康的かつ持続的なダイエットのためには、脂質や糖質を摂りすぎないバランスの良い食事と、適度な運動を取り入れることが最善の方法といえるでしょう。

また、空腹時には血糖値が低下しており、脂肪を分解しやすい状態になるため、空腹時の運動は内臓脂肪を効率的に減らすためにとても効果的です。

内臓脂肪 断食 ダイエット