内臓脂肪に効くラクトフェリンはいつ飲めばいい?おすすめの飲むタイミングは?

ラクトフェリンは健康維持や免疫力のアップ、ダイエットなどに効果があると注目されていますが、内臓脂肪が気になる人にも効果があります。

なぜならば、ラクトフェリンの作用として、中性脂肪やコレステロールが増加する原因である物質を中和させるという作用があるということが分かっているからです。

ですから、食生活が乱れていたり、運動不足などによって内臓脂肪のレベルが高い人の場合は、ラクトフェリンを積極的に摂ることによって、健康的な体を維持することができるということが言えるでしょう。

ただし、ラクトフェリンを摂る場合は、基本的にはいつ摂ってもよいのですが、いつ飲むのかということによって、多少その効果にも違いが出てきます。そこで、ラクトフェリンをいつ摂れば、内臓脂肪により効果的かというと、寝る前に飲むということが一番適しているといわれています。

理由としては、夜の寝る前の方が胃の活動が抑えられるので、有効成分が最大限に発揮される環境であるということが言えるからです。

食べた後すぐという状態は、胃が活発に活動しているので、胃酸の影響で効果が多少薄れると考えられます。また、いつ飲むかというだけではなく、1日に3回程度に分けて飲むということも効果的であるといわれています。

ラクトフェリン いつ 飲む

コメントを残す