内臓脂肪の平均の値は男性と女性で違うの?また、理想の値って?

内臓脂肪の平均値は、女性よりも男性のほうが高くなっていて、理想の値もそれぞれ違っています。

性別関係なく見てみると、内臓脂肪レベルの目安は、標準1~9、やや高い10~14、高い15~30、となっています。やや高い場合は運動と食事制限により戻せる範囲です。

高い場合は医師の指導のもとでカロリー制限などによりダイエットに励む必要があります。理想値は標準範囲内となっています。

男女別での平均値は年齢によっても違っています。

男性では、20代でレベル6、30代レベル8、40代レベル9、50代レベル10、60代レベル12、となっています。女性では、20代でレベル3、30代レベル4、40代レベル5、50代レベル7、60代レベル6.5となっており、これは女性のほうが女性ホルモンの影響により内臓脂肪を蓄積しにくい性質を持っていることによります。

その代わり、男性よりも皮下脂肪は蓄積しやすいため、ふっくらとしたイメージがあるのです。

加齢と共に内臓脂肪の平均値が上がるのは女性ホルモンの量が減少するためであり、意識して少しずつダイエットに励み、メタボリックシンドロームにならないように理想のレベルに近づけることは、生活習慣病も遠のきます。

内臓脂肪 平均 値

内臓脂肪を減らすにはどれくらいかかる?男女や年齢によって期間は違う?

内臓脂肪を減らすのにどれくらいの期間がかかるのか、そのための方法や、男女や年齢により違いがあるのかについては次の通りです。

内臓脂肪を減らすためには、有酸素運動と食事内容の見直しが効果的です。有酸素運動の場合は、少なくとも継続して20分は行うことが求められます。内臓脂肪を減らすためには、腹囲で見た場合には1cm、減らすことが必要で、量の場合は1kgに相当します。

この場合、必要な消費カロリーはだいたい7000kcalです。代表的な有酸素運動である早歩きでのウォーキングは、30分でだいたい150kcalを消費すると言われていますから、これを毎日、行った場合でも、期間としては約47日が必要になると言う計算です。

そしてこの期間は男女により差が出ることもあります。これは一般的に、男性の方が女性よりも基礎代謝、生命維持のために必要な機能が果たされる中で消費されるエネルギー量が大きいためです。

更にこの基礎代謝は、年齢を重ねることで低くなる傾向にあります。ですから一般的には、若い年齢の人の方がより短い期間で内臓脂肪を減らすことができやすいと言えます。

基礎代謝が低いと言う場合は、有酸素運動にプラスして生活の中に腹式呼吸を取り入れたり、食事で摂取する脂質量を抑えるのが効果的です。

内臓脂肪 期間 年齢

断食に内臓脂肪を減らす効果やダイエット効果はある?空腹は良いこと?

断食は内臓器官を休めたり、デトックスに効果があると言われていますが、内臓脂肪の減少やダイエットに効果はあるのかについて、詳しく見ていきたいと思います。

まず、断食することによって何が起こるかというと、始めに筋肉が分解されて活動に必要なエネルギーが作られます。その後、一定量の筋肉が分解されると、次は脂肪が分解され始めます。

このとき、皮下脂肪よりも内臓脂肪が優先して分解されます。断食による空腹が続き、内臓脂肪からエネルギーが供給できなくなると、再び筋肉の分解が始まります。

つまり、体重だけを減らすダイエットならば、断食は適しているかもしれませんが、断食後の食事で過剰にエネルギーを摂取してしまい、リバウンドしてしまう可能性が非常に高いと言えます。

また、筋肉を減らすことによって代謝が悪くなり、結果的に痩せにくい体にもなりかねません。健康的かつ持続的なダイエットのためには、脂質や糖質を摂りすぎないバランスの良い食事と、適度な運動を取り入れることが最善の方法といえるでしょう。

また、空腹時には血糖値が低下しており、脂肪を分解しやすい状態になるため、空腹時の運動は内臓脂肪を効率的に減らすためにとても効果的です。

内臓脂肪 断食 ダイエット

内臓脂肪の測定やCTの検査をしてもらうには、どこの病院を選ぶのが良いの?

内臓脂肪の測定方法には、CT検査などがあり、どこの病院でしてもらうのがよいのか、ポイントをわきまえていると、安心出来ます。

CT検査によって、内臓脂肪測定が出来る病院は、数が増えてきましたが、どこの病院でも可能なわけではありません。CT検査による内臓脂肪測定が可能で、実績数が多く、測定結果についての説明がいきとどいていることが必要となります。また、その後の生活習慣や食事内容等について、相談が出来る病院を選ぶことも大切です。

測定結果のみを聞いても、その後、どのように過ごせばよいのか、一般の人達には理解が出来ません。医師の診断はさることながら、保健師や栄養士がいて、わかりやすくアドバイスをしてくれるところを選ぶようにします。

こういったことが紹介されていて、検査を受け、その後の指導をしてもらいたくなるようなところを選ぶことがポイントとなります。ついてしまった内臓脂肪は、医師や医療従事者の人達の診断や指導だけでは、改善しません。自分達の毎日の努力が必要になります。

したがって、検査が出来る設備が整っていて、内臓脂肪を減らすために、自分で努力がしやすいような、わかりやすい説明をしてくれる、評判の良い病院はどこかを探すことが大切です。

内臓脂肪 病院 検査

体脂肪と内臓脂肪の減らし方は?内臓脂肪が多いと脂肪肝になりやすいの?

体脂肪と内臓脂肪の違いや減らし方、また内臓脂肪が多いと脂肪肝になりやすいと言うのは本当かどうかについては、以下の通りです。

まず体脂肪は、皮下脂肪と内臓脂肪を合わせた脂肪のことを言います。皮下脂肪とは、筋肉と皮膚の間にある脂肪のことです。そして内臓脂肪とは、内臓の周囲についている脂肪のことを言います。

どちらも脂肪であることにかわりありませんが、体脂肪の内、皮下脂肪は指でつまむことができる、つまり目で確認することができます。対して内臓の周りについた脂肪は目で確認することはできません。

効果的な減らし方は、有酸素運動がおすすめです。脂肪の減らし方としては、酸素の力が必要不可欠であるためです。早歩きのウォーキングや水泳などがおすすめです。

また食事で摂取する脂肪やカロリーの量を減らすのも、減らし方のひとつです。そして内臓脂肪が多いと脂肪肝になりやすいと言うのは本当です。これは肝臓が食事から摂取した脂質の分解、代謝に大きく関係しているためです。

そのため食べ過ぎたり、カロリーの消費が不十分だと中性脂肪が肝臓に蓄積されやすくなり、脂肪肝になりやすくなると言うことです。最近の研究で脂肪肝は心臓疾患や生活習慣病の温床になることも明らかになっています。

内臓脂肪 体脂肪 脂肪肝

内臓脂肪を燃やすのにヨーグルトの乳酸菌は効果的?乳酸菌の種類や成分って?

最近では内臓脂肪を燃やすと記載された商品をよく目にします。
生活習慣病は日々の食生活が大きくかかわってきますから、気をつけたいものです。
そこで一番お勧めなのが、ヨーグルトです。

ヨーグルトは腸内環境を整えて免疫力をあげる効果がありますが、なんと内臓脂肪まで燃やすとなれば、すぐにでも飛びつきたい食品ですよね。そしてその内臓脂肪を燃やす働きをする成分が乳酸菌のガセリ菌SP株です。

このガセリ菌SP株には内臓脂肪を燃やし、そしてその次に皮下脂肪まで減らしてくれると2009年の日本乳酸菌学会で発表されました。

ですので、ヨーグルトを選ぶときには、パッケージに表示されている成分を良く見て、ガセリ菌SP株が入ったものを買うようにしましょう。

そしてヨーグルトの食べるタイミングも重要です。一般的には朝食に食べる人が多いですが、なんと実は一番効果が高く現れるのは夜なんです。とくに寝る前に摂取すると良いとされています。

そのわけは、乳酸菌は寝ている間に腸内で活発に働きますので、朝スッキリそして脂肪燃焼の効果を高く発揮させたい人は、夕食後もしくは寝る前に食べるようにしましょう。

ヨーグルトは色んな成分がありますので、自分の体に合ったものを選んで日々の健康に役立てましょう。

内臓脂肪 ヨーグルト 乳酸菌

ラクトフェリンサプリでおすすめや人気のものは?口コミもご紹介!

ラクトフェリンのサプリで口コミで人気のおすすめの商品をご紹介します。

まずはライオンが発売しているその名も「ラクトフェリン」です。科学的に認められたデータを元に機能性を表示しているので、その効果は信頼のおけるものです 。

ぽっこりお腹やメタボの改善に効果があったなど、内臓の脂肪を取り除くことに効果を発揮したという口コミが多数寄せられています。

次はサントリーの「ラクテクト」です。こちらのサプリメントは体調管理には欠かせない4種類のラクトバリア成分が配合されている上に、さらにビタミンB群もプラスされています。

これによってウイルスなどから守ってくれるのでその高機能性が口コミでも「風邪をひきにくくなった」「体脂肪が20%も減った」など多様な効果があげられている人気のおすすめの商品です。

最後におすすめするサプリメントは、幸せ発酵の「酵素とケフィア」です。
メーカー名の認知度がやや低いのが気になりますが、その分価格が安く長く続けたいという方の間では口コミで評判を呼び人気となっております。

ラクトフェリンはもちろん5種類の乳酸菌と85種類もの酵素エキスが配合されているので、 まずは気軽に始めたい方にはおすすめのサプリメントの1つでしょう。

ラクトフェリン サプリ おすすめ

お腹の内臓脂肪を減らす器具のおすすめは?内臓脂肪を減らす呼吸法って?

内臓脂肪を減らすのには有酸素運動が効果を発揮します。

筋トレやマラソンなどの無酸素運動の場合は、内臓脂肪を減らす効果よりも、筋力をつけて代謝をアップさせる効果が期待できますが、内装脂肪を減らすことが目的であれば、自転車などの有酸素運動が行える運動器具を使うと良いでしょう。

ポールなどのウォーキング用の器具を使うと、足腰に自信がない方でも足腰にに負担を掛けずに歩くことが出来ます。

外を出歩くのが億劫な方は自宅でウォーキングマシーンやサイクリングマシーンなどの器具を使って、自宅でテレビを見ながら行っても効果があります。

深い呼吸を行うことで、酸素がたっぷりと取り込むことが出来、内臓脂肪を減らすのことが出来ますので、お腹全体を動かす呼吸法、腹式呼吸がおすすめです。

まずは、寝っ転がった状態で行うとやりやすいです。そして、お腹いっぱいに鼻から吸って、お腹を凹ませるように鼻から吐き出す方法です。歩いている時なども意識的にこの呼吸法を行うことにより、有酸素運動の効果が更に上がっていきます。

この腹式呼吸という呼吸法は、お腹を大きく動かすことにより、肺が大きく動くことで酸素をたっぷりと取り込むことが出来ると同時に、内臓をマッサージする効果もあります。

内臓脂肪 減らす 器具

内臓脂肪の脂肪燃焼に効果的な食事の栄養素は?おすすめの食べ物やレシピって?

内臓脂肪の脂肪燃焼には食事の栄養素が重要で、食べ物やレシピで脂肪燃焼にお勧めのものがあります。

内臓脂肪を減らすために食事制限することも大事ですが、下手に減らしすぎると筋肉も減ってしまい、基礎代謝を落としてしまうことにつながります。なので栄養素を考えた食事内容を摂ることで脂肪燃焼を効果を得ることが重要になってきます。

まず筋肉を出来るだけ減らさないことが大事なので、良質でヘルシーなたんぱく質を摂ることが必要です。なので、肉類は脂肪分の少ない部位を、マグロなどの魚や納豆などの大豆類が例として挙げられる食べ物です。

次に最低限の脂質を摂ることも重要です。ナッツ類や青魚がおすすめです。そしてビタミンやミネラルを摂ることも忘れてはいけません。ビタミンやミネラルを含む食べ物は野菜やキノコ、海藻や果物が挙げられますが、果物に限っては糖質も多く含むので食べ過ぎに注意しなければなりません。

これらの栄養素を摂取することで、内臓脂肪は燃えやすくなります。
言ってみれば、これらの栄養素を含む糖質の少ない食べ物を使ったレシピを使えば脂肪燃焼の効果を得られるのです。

ビタミンB群のうちグレープフルーツに含まれるイノシトールという成分が内臓脂肪の燃焼に効果がるので、グレープフルーツを使ったサラダなどのレシピがお勧めです。

内臓脂肪 脂肪燃焼 食事

内臓脂肪の燃焼に効果的な運動は?筋トレやストレッチ、ランニングも効果あるの?

内臓脂肪は体の臓器についているものなので体型から判断しにくいのが特徴です。いくら痩せていても体脂肪は高くなのが、内臓脂肪がある場合があります。

この脂肪を減らすには効率よく燃焼させていく必要があり、運動が脂肪燃焼にもっともよいものです。もともと体脂肪の少ない人が体の脂肪燃焼としてまずは皮下などの体にある脂肪燃焼が先ですが、体脂肪が少ないのですぐに内臓脂肪も燃焼します。

そのために運動や筋トレでの燃焼が早いので効果が早いですが、体脂肪が高い方はなかなか効果が上がりにくいのが現状です。しかしこの燃焼も方法によっては可能で、実はストレッチなどのゆっくりした有酸素運動の方がランニングなどの激しいものよりもいいです。

ゆっくり呼吸することでランニングや筋トレのように体の一部だけで急激に燃焼するものでなく、ストレッチなどはじんわりと体で脂肪を燃焼していきます。

またランニングや筋トレのように年齢によっては行いにくい運動ではなく、ゆったりしたストレッチのほうが長く続きますし、また体への負担なく習慣として行えるのも魅力です。

このストレッチを行うときに大切なのは脂肪燃焼に必要な酸素を体にたくさん取り入れることが大切です。

内臓脂肪 脂肪燃焼 運動