内臓脂肪と皮下脂肪の数値は病院で検査すればわかるの?BMIの計測方法は?

内臓脂肪と皮下脂肪の数値は病院で検査すればわかりますし、BMIもわかります。

病院に行かなくても体重計で、わかります。最近の体重計は、内臓脂肪率と皮下脂肪率、BMIが表示されている物が多いからです。

病院の検査は、どの部分にどんな具合に脂肪が付いているのかが、ビジュアルでわかるというメリットがありますが、それが必要でないのなら、検査はお金が結構かかりますので、お薦めできません。

病院の検査は、腹部CTにより、内臓脂肪と皮下脂肪をパソコンソフトを使って算出します。BMIの数値も表示されています。腹部の断面図が表示され、内臓脂肪と皮下脂肪が脂肪の付き具合がわかるように色分けされています。数値はcm²の単位で表示されています。皮下脂肪タイプか内臓脂肪タイプかが見て分かります。

BMIの計算方法は、身長を100で割ったものを2乗して、体重をそれで割ります。これでBMIの数値が出ます。

例えば、身長が170センチで、 体重が64キロでしたら、170割る100で、1.7。 1.7x1.7は、2.89。64キロ割る2.89は、約22.1となります。22が標準体重とされていて、25以上を肥満、18.5未満を痩せ型とされています。

内臓脂肪 皮下脂肪 数値

BMIとは?BMIの数値を減らすには内臓脂肪を減らすの?

BMIとは体重Kg÷身長m÷身長mで出した簡単な数値です。BMI22が標準で18.5未満では痩せすぎ、25を超えてくると太り気味だと判断されます。

BMIは身長と体重だけを用いて算出した結果であるため、筋肉量の影響で体重が変化するため、脂肪を減らす必要があるかまでは不明です。

脂肪には内臓脂肪と皮下脂肪があり、男性では内臓脂肪がつきやすいと言われています。内臓脂肪は腹部に影響しなくCTなどを撮影するか、様々な数値を測定できる体重計を用いる必要があります。

つまりBMIの数値だけで内臓脂肪を減らす必要があるかは判断できません。生活習慣病診断基準には腹部や血液検査の数値も併せて判断されます。

BMIは22より少しだけ高い方が病気や死亡率が低いと言われており、適度に脂肪がある方が健康的に生活できる可能性が高いというデータもあります。

内臓脂肪は高くても体型には影響しないことも多いが、脂肪肝や脂質異常症の原因など様々な疾患の原因となるため、基準値以上である場合できるだけ早期に減らす努力をした方がいいです。

皮下脂肪と異なり運動をすると比較的簡単に減らすことができ、付きやすく減らしやすい脂肪であると言われています。

内臓脂肪 BMI 減らす

内臓脂肪に悪い飲み物ってお酒?アルコール量を控えれば平気?

内臓脂肪に悪い飲み物、お酒は内臓脂肪に悪影響があるかどうか、またアルコール量は控えていれば平気かどうかについては以下の通りです。

まず内臓脂肪に悪い飲み物ですが、これはお酒などのアルコール類と砂糖がたくさん含まれている清涼飲料水が挙げられます。内臓脂肪は、余分な脂肪酸が中性脂肪となって内臓周りについたものです。

そしてアルコールが肝臓で分解される際には、この中性脂肪が多く発生します。更に中性脂肪はブドウ糖、つまり糖質の過剰摂取によっても発生しやすくなるので、清涼飲料水も、これに対しては悪い飲み物に分類されます。

特にお酒類は、内臓脂肪に対してとても悪影響になる可能性が高いと言われています。肝臓に脂肪がつきやすくなり、更にアルコール分解によって肝臓にかかる負担も大きくなりやすいためです。

またお酒類の中には糖質を多く含んでいるものが多いと言うのも、理由のひとつです。ただしアルコールは、量を控えて飲めば体にとって良い影響をもたらすとも言われています。

どれくらいの量が望ましいのかと言うと、男性で日本酒であれば1合程度、ビールの場合は中ジョッキ1本程度で、女性はこれよりも少ない量が良いとされています。

そして毎日、飲むのではなく、週の内1~2日は飲まない日を作るのも健康のためには必要なことです。

内臓脂肪 酒 アルコール

飲み物で内臓脂肪を落せる?どんな飲み物がダイエットにおすすめ?

内臓脂肪を落とす働きがある飲み物には杜仲茶や緑茶があり、定期的に飲むとダイエット効果が期待できます。
ダイエットで代表的な飲み物は杜仲茶です。

杜仲茶はゲニポシド酸という成分が含まれていて、脂肪を分解させる効果があるので、定期的に飲むと脂肪の分解が継続され、内臓脂肪を落とす効果が期待できます。

ただし、体内に溜まった毒素を排出させる効果が強いので、飲み過ぎると、お腹がゆるくなることがあります。そのため、一度に多量に飲むことは健康上、あまりよくありません。

緑茶には渋味や苦味のもととなるのカテキンが含まれ、体脂肪を減少させる働きがあります。お茶にはどれもカテキンが含まれますが、お茶の中でも緑茶が多くのカテキンを含んでいるので、内臓脂肪を落とす働きがある飲み物として適しています。

最近では高濃度のカテキンを含んだ緑茶も販売されているので、ダイエットには良い飲み物といえます。緑茶にはカフェインが含まれているので、飲み過ぎると良くありません。

内臓脂肪を落とす働きがある飲み物はありますが、一度に大量に飲むと、健康に良くないため、適度な量を飲み続けることが重要です。そのため、ダイエット効果がすぐに期待できませんが、毎日、習慣的に飲むようにすれば、少しずつ効果が表れます。

内臓脂肪 飲み物 ダイエット

内臓脂肪の落とし方!脂肪燃焼に効果のあるレシピやメニュー、食材は?

内臓脂肪は一度つくとなかなかそれを落すことは難しいですが、食事の仕方によっては適切な落とし方があります。脂肪の燃焼に最適なのは運動ですが、その前に実は体に筋力がないと脂肪燃焼はあり得ません。

つまり体にある程度の筋肉があると人間の体を維持するためにエネルギーが必要でそのために脂肪を燃焼して体温維持をします。内臓脂肪も例外なく燃焼しますのでまずは体に筋肉をつけつメニューをこころがけたほうが落とし方としてベストです。

筋肉をふやすには、たんぱく質を多く含んだメニューをおすすめします。レシピとして脂肪の少ないとり肉を使った食材メニューがいいです。特に胸肉という食材にはたんぱく質が多く、運動選手もよく食事に取り入れています。レシピとしては、トマトとの組み合わせたものがいいです。

トマトには脂肪燃焼のリコピコンが多く含まれており、併せてとることで落とし方としてベターで筋肉をつけてかつ内臓脂肪の燃やすという一挙両得の食材です。それ以外では大豆とトマトを使ったレシピも有効で、どちらもいい成分の逃さないようにスープまで栄養がとれる煮込みのものがいいです。

市販のトマトは使いにくいときには、ホールトマトを使った鶏肉や大豆の煮ものをおすすめします。手軽にできるからです。

内臓脂肪 レシピ 食材

ぽっこり出た下腹は内臓脂肪と皮下脂肪のどちらが原因?体脂肪ってどんな脂肪?

体脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪の二種類がありますが、下腹がぽっこりと出る原因は、内臓脂肪によるものが多いと考えられます。

皮下脂肪は皮下組織に見られる脂肪のことで、その成分はヒアルロン酸やコラーゲンから成ります。人間のように体毛の薄い哺乳類は沈着しやすく、保温効果があるため体温を維持しやくなります。

特に女性は顕著で、皮下に脂肪が発達しやすいことから丸みを帯びた特徴的な体つきとなり、外部からの衝撃を和らげるクッションの役割も持っています。

一方、内臓脂肪は更に深部の内臓周辺に蓄積されるもので、糖尿病や高血圧症など生活習慣病の原因となることもあり、一定以上の年齢では健康診断の際に測定が実施されるほどです。

皮下脂肪とは異なり、女性よりは男性の方が沈着しやすいことから、そのぶん男性の方が下腹がぽっこりとなりやすい傾向があります。不規則な生活を送ることでホルモンバランスが乱れると、女性でも内臓脂肪が蓄積されやくなり、下腹がぽっこりと出ることがあるため注意が必要です。

体脂肪以外に皮下脂肪や内臓脂肪を測定できるヘルスメーターが多いため、家庭で手軽に測定することが可能です。内臓の脂肪を減らすには、食後のウォーキングなど有酸素運動により体脂肪を燃やす事が効果的です。

内臓脂肪 皮下脂肪 下腹

BMIは内臓脂肪率にも関係あるの?BMIの計算方法って?

内臓脂肪とは、目に見えない体の中にある脂肪のこと、つまり腸や内臓に周りに蓄積する脂肪のことを言います。内臓脂肪率とは、この脂肪が体重のうちに占める割合のことを言います。内臓脂肪レベルを知る方法は、測定機能つきの体重計に乗るだけです。

またBMIとは肥満度数のことを言います。
計算方法は、体重(Kg)÷(身長m×身長m)で出ます。例えば身長が156cmで体重が48Kgだったら、「48÷(1.56×1.56)=19.72」という計算方法になります。

このBMI値が18.5-25で標準、25以上で肥満と判定されるそうです。最も健康的で病気になりにくい数値は「22」と言われているので「22」になるよう計算して自分御体重を増やしたり減らしたりするのも良いかもしれません。

BMIと内臓脂肪率は一見関係ないように見えますが、実は関係があります。
同じ身長・体重であっても筋肉や骨による重さ、または脂肪による重さなのかにより肥満判定が変わるからです。

つまり見た目が痩せていても、体の中に蓄積されている脂肪が多いと肥満とされる「隠れ肥満」や、
見た目が太めでも、脂肪は標準かそれ以下の人もいます。スポーツマンなどに多く見られるかもしれません。

体重が普通でもお腹がポコっと出てきたら内臓脂肪に関係があるかもしれないですね。

内臓脂肪 BMI 計算

呼吸法で内臓脂肪を減らすことはできる?その呼吸法はダイエットにも効果があるの?

呼吸法を変えれば内臓脂肪を減らすことができるかどうか、また内臓脂肪を減らす呼吸法はダイエットにも効果が期待できるかどうかに関しては以下の通りです。

内臓脂肪は内臓の周囲についている脂肪のことです。脂肪ですからこれを燃焼して減らすためには酸素が必要不可欠です。よって呼吸法においても、より多くの酸素を取り入れることを意識する必要があります。

そこでおすすめの呼吸法が腹式呼吸です。これは胸式呼吸に比べると横隔膜を広く利用することが必要であるため、より多くの酸素を取り込むことが期待できます。

呼吸を吐く時にはお腹が引っ込むように、反対に息を吸う時にはお腹が膨らむように心がけることが、この呼吸法のポイントです。お腹の上に手を置くと、その動きがわかりやすいです。

そして腹式呼吸はダイエットに対しても効果が期待できます。これはこの呼吸を行うことで体の軸の筋肉であるインナーマッスルを鍛えることができ、基礎代謝、体が生命維持の機能を果たす中で消費されるエネルギーの量を高めることが期待できるためです。

つまり少しの運動でもエネルギーが消費されやすくなり、ダイエットが効率よく進められると言うことです。ダイエットが効率よく進められると、内臓脂肪の減少にも効果が期待できるので、腹式呼吸を取り入れることは良いことです。

内臓脂肪 減らす 呼吸法

内臓脂肪を減らすための食事と、内臓脂肪を燃焼させる運動方法は?

内臓脂肪がついてしまったら、それを減らすために食事の改善をしたり、運動によって燃焼させることで減らすことができます。

食事でつい食べ過ぎてしまったり、飲みすぎてしまったりすることもあるでしょう。ですが、そのようなことをしていると内臓脂肪がつきやすくなるため、一度食事を見直すことが大切です。食事の内容を改善し、食べすぎ、飲みすぎに注意することでも、ある程度内臓脂肪を減らすことになります。

また、運動をする習慣を取り入れることで、体内の脂肪を燃焼させる効果が得られるので、内臓脂肪を減らすことにつながります。運動をする場合には、ウォーキングやランニングなど有酸素運動をするといいでしょう。筋肉を適度に鍛え、血流の改善、代謝機能の向上にもつながり、脂肪燃焼効果が得られます。

運動をする場合には、筋力や体力なども低下している状態では、体に対して負担がかかりすぎることもあります。そのため、始めは軽く体を動かすことから始めるようにしましょう。

ある程度筋力や体力が向上した段階から、少しウォーキングやランニングの距離を増やしたり、スポーツなどをしてみるのもいいでしょう。

内臓脂肪を減らし、健康的な体を取り戻しましょう。

内臓脂肪 食事 運動

内臓脂肪にお茶は効果的?口コミで人気のある、おすすめのお茶は?

内臓脂肪を燃焼させるのにおすすめなのがお茶ですが、色な種類がありそれぞれの効果や味で口コミで人気のあるものに分けられます。

内臓脂肪を燃焼させてくれるのが杜仲茶です。杜仲茶に含まれるゲニポシド酸と呼ばれる成分は脂肪の分解やコレステロールの吸収を抑えてくれる効果があり、メタボリックシンドロームに悩む方にピッタリのお茶です。またデトックス作用があるため、利尿作用や老廃物を排出するといったことも期待できます。

次にプーアル茶です。プーアル茶は肝臓における脂肪燃焼効果が高く、内臓脂肪は肝臓の機能が元気でないと燃やすことはできません。なのでこの肝臓に働きかけるプーアル茶の成分はとても貴重です。

またプーアル茶には独自の重合カテキンと呼ばれる成分が含まれているため、脂肪や糖分を吸収するのを抑制する作用がありダイエットに効果的なのです。

また緑茶に含まれるカテキンや、黒烏龍茶に含まれるポリフェノールは脂肪分解作用があるので運動する際に飲んで運動をすることがおすすめです。

これら以外のお茶も内臓脂肪を燃焼させる効果のあるものはたくさんありますが、口コミで人気なのがプーアル茶や黒烏龍茶といったCMでもダイエットに作用すると話題のお茶が人気ですが、口コミの中でも緑茶は日本で親しまれてきたお茶ですのでおすすめです。

内臓脂肪 お茶 効果