内臓脂肪の落とし方!脂肪燃焼に効果のあるレシピやメニュー、食材は?

内臓脂肪は一度つくとなかなかそれを落すことは難しいですが、食事の仕方によっては適切な落とし方があります。脂肪の燃焼に最適なのは運動ですが、その前に実は体に筋力がないと脂肪燃焼はあり得ません。

つまり体にある程度の筋肉があると人間の体を維持するためにエネルギーが必要でそのために脂肪を燃焼して体温維持をします。内臓脂肪も例外なく燃焼しますのでまずは体に筋肉をつけつメニューをこころがけたほうが落とし方としてベストです。

筋肉をふやすには、たんぱく質を多く含んだメニューをおすすめします。レシピとして脂肪の少ないとり肉を使った食材メニューがいいです。特に胸肉という食材にはたんぱく質が多く、運動選手もよく食事に取り入れています。レシピとしては、トマトとの組み合わせたものがいいです。

トマトには脂肪燃焼のリコピコンが多く含まれており、併せてとることで落とし方としてベターで筋肉をつけてかつ内臓脂肪の燃やすという一挙両得の食材です。それ以外では大豆とトマトを使ったレシピも有効で、どちらもいい成分の逃さないようにスープまで栄養がとれる煮込みのものがいいです。

市販のトマトは使いにくいときには、ホールトマトを使った鶏肉や大豆の煮ものをおすすめします。手軽にできるからです。

内臓脂肪 レシピ 食材

ラクトフェリンを食べ物から簡単に取れるレシピやメニューは?

ラクトフェリンを食べ物から簡単に取りたいなら、ラクトフェリンヨーグルトを使ったレシピやメニューがおすすめです。ラクトフェリンヨーグルトは、最も簡単にラクトフェリンを摂取できる食べ物です。

そのまま食べるのが一番ラクですが、他の食べ物をプラスして、簡単なひと手間を加えるだけで、さらに美味しくなります。
お手軽メニューのひとつが、フルーツヨーグルト。

フレッシュフルーツやドライフルーツを混ぜるだけで、栄養価がアップしますし、味に変化が出て食べるのが楽しくなります。
カップタイプやドリンクタイプのヨーグルトが苦手な人におすすめのメニューは、ヨーグルトパンケーキです。

パンケーキを作る際に、牛乳の代わりにヨーグルトを混ぜて焼くだけの簡単レシピ。
焼き上げることで、ヨーグルトの味はあまり気にならなくなりますし、一度にたくさん摂取できるのでおすすめです。

簡単でオシャレなレシピなら、ヨーグルトマシュマロもよいでしょう。
沸騰直前まで温めた牛乳にマシュマロを入れてホイッパーでよく混ぜ、さらにヨーグルトを入れ素早く混ぜます。

あとは、容器に入れ、冷蔵庫で冷やしたら完成です。
ラクトフェリンヨーグルトスイーツで、免疫力を強化したり、おなかの調子を整えたりしてみてくださいね。

ラクトフェリン 食べ物 レシピ