内臓脂肪や体脂肪の標準値は年齢によって変る?年代別の違いって?

内臓脂肪や体脂肪の標準値は年齢によって変わるのかどうか、また年代別に見ていくとどのような違いがあるのかについては以下の通りです。まず内臓脂肪や体脂肪の標準値ですが、これは年齢によって変わっていきます。

加えて性別によっても変わります。たとえば体脂肪の標準値プラスと言う値を見た場合、男性で18~39歳の人の場合は17~21%と言う数値が設定されていますが、60歳以降になると20~24%が標準プラスに該当する数値とされています。

そして女性の場合、18~39歳の場合は28~34%ですが、60歳以降になると30~36%にまでこの数値は跳ね上がります。体脂肪の中には内臓脂肪も含まれていますから、年代別の違いのひとつとしては、年齢が高くなればなるほど、標準の数値が高く設定されていると言うことが言えます。

これは内臓脂肪や体脂肪は、それまでの生活習慣や運動習慣が物を言うことが多いためです。

また年代が高くなると、それらを調節する役割を持つ性ホルモンの分泌が減少し、同時に生命維持のために必要な機能の中で消費されるエネルギー量も低下していき、脂肪を燃焼するのが難しくなるためです。

逆を言えば若い年代の人の数値は比較的シビアで、それを意識して過ごしていくことが年を重ねてからの健康を左右すると言うことができます。

内臓脂肪 年齢 体脂肪

体脂肪と内臓脂肪の減らし方は?内臓脂肪が多いと脂肪肝になりやすいの?

体脂肪と内臓脂肪の違いや減らし方、また内臓脂肪が多いと脂肪肝になりやすいと言うのは本当かどうかについては、以下の通りです。

まず体脂肪は、皮下脂肪と内臓脂肪を合わせた脂肪のことを言います。皮下脂肪とは、筋肉と皮膚の間にある脂肪のことです。そして内臓脂肪とは、内臓の周囲についている脂肪のことを言います。

どちらも脂肪であることにかわりありませんが、体脂肪の内、皮下脂肪は指でつまむことができる、つまり目で確認することができます。対して内臓の周りについた脂肪は目で確認することはできません。

効果的な減らし方は、有酸素運動がおすすめです。脂肪の減らし方としては、酸素の力が必要不可欠であるためです。早歩きのウォーキングや水泳などがおすすめです。

また食事で摂取する脂肪やカロリーの量を減らすのも、減らし方のひとつです。そして内臓脂肪が多いと脂肪肝になりやすいと言うのは本当です。これは肝臓が食事から摂取した脂質の分解、代謝に大きく関係しているためです。

そのため食べ過ぎたり、カロリーの消費が不十分だと中性脂肪が肝臓に蓄積されやすくなり、脂肪肝になりやすくなると言うことです。最近の研究で脂肪肝は心臓疾患や生活習慣病の温床になることも明らかになっています。

内臓脂肪 体脂肪 脂肪肝

ぽっこり出た下腹は内臓脂肪と皮下脂肪のどちらが原因?体脂肪ってどんな脂肪?

体脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪の二種類がありますが、下腹がぽっこりと出る原因は、内臓脂肪によるものが多いと考えられます。

皮下脂肪は皮下組織に見られる脂肪のことで、その成分はヒアルロン酸やコラーゲンから成ります。人間のように体毛の薄い哺乳類は沈着しやすく、保温効果があるため体温を維持しやくなります。

特に女性は顕著で、皮下に脂肪が発達しやすいことから丸みを帯びた特徴的な体つきとなり、外部からの衝撃を和らげるクッションの役割も持っています。

一方、内臓脂肪は更に深部の内臓周辺に蓄積されるもので、糖尿病や高血圧症など生活習慣病の原因となることもあり、一定以上の年齢では健康診断の際に測定が実施されるほどです。

皮下脂肪とは異なり、女性よりは男性の方が沈着しやすいことから、そのぶん男性の方が下腹がぽっこりとなりやすい傾向があります。不規則な生活を送ることでホルモンバランスが乱れると、女性でも内臓脂肪が蓄積されやくなり、下腹がぽっこりと出ることがあるため注意が必要です。

体脂肪以外に皮下脂肪や内臓脂肪を測定できるヘルスメーターが多いため、家庭で手軽に測定することが可能です。内臓の脂肪を減らすには、食後のウォーキングなど有酸素運動により体脂肪を燃やす事が効果的です。

内臓脂肪 皮下脂肪 下腹