お腹の内臓脂肪を減らす器具のおすすめは?内臓脂肪を減らす呼吸法って?

内臓脂肪を減らすのには有酸素運動が効果を発揮します。

筋トレやマラソンなどの無酸素運動の場合は、内臓脂肪を減らす効果よりも、筋力をつけて代謝をアップさせる効果が期待できますが、内装脂肪を減らすことが目的であれば、自転車などの有酸素運動が行える運動器具を使うと良いでしょう。

ポールなどのウォーキング用の器具を使うと、足腰に自信がない方でも足腰にに負担を掛けずに歩くことが出来ます。

外を出歩くのが億劫な方は自宅でウォーキングマシーンやサイクリングマシーンなどの器具を使って、自宅でテレビを見ながら行っても効果があります。

深い呼吸を行うことで、酸素がたっぷりと取り込むことが出来、内臓脂肪を減らすのことが出来ますので、お腹全体を動かす呼吸法、腹式呼吸がおすすめです。

まずは、寝っ転がった状態で行うとやりやすいです。そして、お腹いっぱいに鼻から吸って、お腹を凹ませるように鼻から吐き出す方法です。歩いている時なども意識的にこの呼吸法を行うことにより、有酸素運動の効果が更に上がっていきます。

この腹式呼吸という呼吸法は、お腹を大きく動かすことにより、肺が大きく動くことで酸素をたっぷりと取り込むことが出来ると同時に、内臓をマッサージする効果もあります。

内臓脂肪 減らす 器具

内臓脂肪を燃やす呼吸法って?皮下脂肪やダイエットにも効果があるの?

内臓脂肪を燃やす呼吸法とはどのようなものか、それは皮下脂肪やダイエットにも効果が期待できるのかどうかについては次の通りです。

内臓脂肪を燃やす呼吸法としておすすめなのが、腹式呼吸です。腹式呼吸は、簡単に言うとお腹を意識した呼吸法のことで、息を吐く時にはお腹をへこませて、息を吸い込む時にはお腹を膨らませると言う方法です。

胸式呼吸よりも横隔膜を大きく動かすため、体に取り入れる酸素の量が多くなりやすいと言う特徴があります。内臓脂肪を燃やすためには酸素の力が必要不可欠であるため、腹式呼吸はそれに対しての効果が期待できると言うことです。

お腹に手を当てて、まず口から息を吐き出します。この際、しっかりとお腹をへこませて下さい。息を吐き尽くしたと感じたら、次は鼻からゆっくりと息を吸います。この際にはお腹が膨らんでいくことを意識して下さい。

この呼吸法を繰り返すことで、内臓脂肪の燃焼が期待できます。更に皮下脂肪やダイエットに対しても、これは効果が期待できます。内臓脂肪だけでなく、同じ脂肪である皮下脂肪に対しても燃焼が期待でき、その結果として体重が減少すると言うのが理由のひとつです。

またエネルギー消費量が大きいインナーマッスル、体幹部を支える筋肉を鍛えることにもつながるので、ダイエットにも効果的です。

内臓脂肪 燃やす 呼吸法

呼吸法で内臓脂肪を減らすことはできる?その呼吸法はダイエットにも効果があるの?

呼吸法を変えれば内臓脂肪を減らすことができるかどうか、また内臓脂肪を減らす呼吸法はダイエットにも効果が期待できるかどうかに関しては以下の通りです。

内臓脂肪は内臓の周囲についている脂肪のことです。脂肪ですからこれを燃焼して減らすためには酸素が必要不可欠です。よって呼吸法においても、より多くの酸素を取り入れることを意識する必要があります。

そこでおすすめの呼吸法が腹式呼吸です。これは胸式呼吸に比べると横隔膜を広く利用することが必要であるため、より多くの酸素を取り込むことが期待できます。

呼吸を吐く時にはお腹が引っ込むように、反対に息を吸う時にはお腹が膨らむように心がけることが、この呼吸法のポイントです。お腹の上に手を置くと、その動きがわかりやすいです。

そして腹式呼吸はダイエットに対しても効果が期待できます。これはこの呼吸を行うことで体の軸の筋肉であるインナーマッスルを鍛えることができ、基礎代謝、体が生命維持の機能を果たす中で消費されるエネルギーの量を高めることが期待できるためです。

つまり少しの運動でもエネルギーが消費されやすくなり、ダイエットが効率よく進められると言うことです。ダイエットが効率よく進められると、内臓脂肪の減少にも効果が期待できるので、腹式呼吸を取り入れることは良いことです。

内臓脂肪 減らす 呼吸法