内臓脂肪と皮下脂肪の数値は病院で検査すればわかるの?BMIの計測方法は?

内臓脂肪と皮下脂肪の数値は病院で検査すればわかりますし、BMIもわかります。

病院に行かなくても体重計で、わかります。最近の体重計は、内臓脂肪率と皮下脂肪率、BMIが表示されている物が多いからです。

病院の検査は、どの部分にどんな具合に脂肪が付いているのかが、ビジュアルでわかるというメリットがありますが、それが必要でないのなら、検査はお金が結構かかりますので、お薦めできません。

病院の検査は、腹部CTにより、内臓脂肪と皮下脂肪をパソコンソフトを使って算出します。BMIの数値も表示されています。腹部の断面図が表示され、内臓脂肪と皮下脂肪が脂肪の付き具合がわかるように色分けされています。数値はcm²の単位で表示されています。皮下脂肪タイプか内臓脂肪タイプかが見て分かります。

BMIの計算方法は、身長を100で割ったものを2乗して、体重をそれで割ります。これでBMIの数値が出ます。

例えば、身長が170センチで、 体重が64キロでしたら、170割る100で、1.7。 1.7x1.7は、2.89。64キロ割る2.89は、約22.1となります。22が標準体重とされていて、25以上を肥満、18.5未満を痩せ型とされています。

内臓脂肪 皮下脂肪 数値

BMIとは?BMIの数値を減らすには内臓脂肪を減らすの?

BMIとは体重Kg÷身長m÷身長mで出した簡単な数値です。BMI22が標準で18.5未満では痩せすぎ、25を超えてくると太り気味だと判断されます。

BMIは身長と体重だけを用いて算出した結果であるため、筋肉量の影響で体重が変化するため、脂肪を減らす必要があるかまでは不明です。

脂肪には内臓脂肪と皮下脂肪があり、男性では内臓脂肪がつきやすいと言われています。内臓脂肪は腹部に影響しなくCTなどを撮影するか、様々な数値を測定できる体重計を用いる必要があります。

つまりBMIの数値だけで内臓脂肪を減らす必要があるかは判断できません。生活習慣病診断基準には腹部や血液検査の数値も併せて判断されます。

BMIは22より少しだけ高い方が病気や死亡率が低いと言われており、適度に脂肪がある方が健康的に生活できる可能性が高いというデータもあります。

内臓脂肪は高くても体型には影響しないことも多いが、脂肪肝や脂質異常症の原因など様々な疾患の原因となるため、基準値以上である場合できるだけ早期に減らす努力をした方がいいです。

皮下脂肪と異なり運動をすると比較的簡単に減らすことができ、付きやすく減らしやすい脂肪であると言われています。

内臓脂肪 BMI 減らす