断食に内臓脂肪を減らす効果やダイエット効果はある?空腹は良いこと?

断食は内臓器官を休めたり、デトックスに効果があると言われていますが、内臓脂肪の減少やダイエットに効果はあるのかについて、詳しく見ていきたいと思います。

まず、断食することによって何が起こるかというと、始めに筋肉が分解されて活動に必要なエネルギーが作られます。その後、一定量の筋肉が分解されると、次は脂肪が分解され始めます。

このとき、皮下脂肪よりも内臓脂肪が優先して分解されます。断食による空腹が続き、内臓脂肪からエネルギーが供給できなくなると、再び筋肉の分解が始まります。

つまり、体重だけを減らすダイエットならば、断食は適しているかもしれませんが、断食後の食事で過剰にエネルギーを摂取してしまい、リバウンドしてしまう可能性が非常に高いと言えます。

また、筋肉を減らすことによって代謝が悪くなり、結果的に痩せにくい体にもなりかねません。健康的かつ持続的なダイエットのためには、脂質や糖質を摂りすぎないバランスの良い食事と、適度な運動を取り入れることが最善の方法といえるでしょう。

また、空腹時には血糖値が低下しており、脂肪を分解しやすい状態になるため、空腹時の運動は内臓脂肪を効率的に減らすためにとても効果的です。

内臓脂肪 断食 ダイエット

内臓脂肪を減らすには断食は効果的?断食の期間は男女で効果に違いがあるの?

男女問わず、年齢を重ねるごとに気になる内臓脂肪ですが、なかなか燃焼しにくいものですよね。
効率よく減らすには運動や食生活なども重要になりますが、断食が効果的なんです。

もちろん急に始めてしまうと体に負担になってしまうので、準備期間を設けることや、自身の体調を見極めてスタートすることがとても大切になります。

風邪気味や疲れているときなど、栄養を絶ってしまうことになるので避けた方がいいでしょう。
女性であれば、生理中を避けるなどです。

そもそもなぜ内臓脂肪を減らすには断食がいいのかと言うと、栄養を絶つことで、私たち人間の体は蓄えた栄養をエネルギーに変えようと働き始めます。

その時、一番エネルギーに変換しやすいのが脂肪なので、溜まってしまった内臓脂肪を燃焼させることができるというわけなんです。

筋肉量の多い男性の方が効果が出やすいように思われますが、過度に体を動かす必要がないので、男女関係なく効果を期待できます。

断食を行う前にはお粥やスープなどの軽い食事で体をならしておくことと、期間は2~3日、それ以上は危険になるのでやめておきましょう。

内臓脂肪を効率的に減らすには、長期間行えばいいというのではなく、燃焼しやすい体に変化させることが重要なんです。

内臓脂肪を減らして健康的な体作りを始めませんか?

内臓脂肪 断食 期間

内臓脂肪の減らし方で効果的な食事時間は?プチ断食も効果的?

現在の日本では、糖尿病や高血圧症などの生活習慣病にかかってしまう人が多くなっています。

特に健康診断に行くと、内臓脂肪が多いことを注意されることが多いことでしょう。そのままの状態でいると、心筋梗塞や脳梗塞などの命に関わる重大な病気になってしまうリスクが高いため、生活習慣を見直した方が良いのです。

内臓脂肪を減らし方としては、食べ物を摂取する食事時間にも注意が必要です。特に寝る前の2時間前からは食べ物を摂取しないようにすることは重要です。その時間からはカロリーを消費することがほぼないため、寝ている間に脂肪となってしまいます。

そのことから、食事時間に注意する必要があるのです。また食事時間として、運動をした後に鶏肉の笹身や牛肉のヒレ肉など良質のタンパク質を摂取すると、筋肉がつきやすくなり、カロリーが消費されやすい体へ変わっていきます。そのことも、内臓脂肪を解消する減らし方となります。

そして効果的な減らし方には、断食という方法もあります。断食といっても全く食べ物を食べないのではなく、酵素ドリンクなどに休みの日だけ置き換える断食が良いでしょう。

酵素ドリンクによって最低限の栄養が摂取できるため、健康的に内臓脂肪を減らすことができます。

内臓脂肪 食べ物 食事時間

運動と食生活は内臓脂肪の燃焼に効果的?断食でダイエットや減量ってどうやるの?

内臓脂肪を燃焼させるためには、適度な運動と食生活の改善は欠かせません。しかし、断食でダイエットや減量をする場合はごく短期間に設定する必要があります。

ダイエットの本来の目的は健康的な体を維持することで、不健康になってでも痩せればいいというものではないはずです。断食のように短期間でしか行えないようなダイエット方法では、内臓脂肪の減少は見込めません。

ただ、断食のメリットとして、胃腸を休めることができるというものがあります。断食後は胃も小さくなっていますので、断食後に食生活を改めて食事内容と量を見直すならば効果はあるといえます。

正しい減量の仕方は、低脂肪、低カロリーの食生活を維持しながら有酸素運動を定期的に行うことです。有酸素運動とは、心拍数を上げないで行えるジョギングや水泳などで、15分以上行うことで脂肪燃焼効果があります。

減量の目安は1か月で2kgほどを目標として、ゆっくりと取り組める範囲でやるのが成功の秘訣です。

リバウンドを避けて、健康的な体と理想体重を維持するのは難しいことですが、内臓脂肪を減らすには時間をかけて無理をせず、じっくりと確実に、がポイントになります。焦らずに自分のペースで減量をしましょう。

内臓脂肪 運動 食生活

断食は内臓脂肪に与える影響は、男性、女性よっても違うの?

内臓脂肪を減らすために効果のある方法は様々な物がありますが、その中で効果があると言われているのが断食です。

1~2日の断食を行うことで、内臓を休ませて胃腸の調子を整えることができ、味覚が鋭くなり、その後の食事も健康的なものを好むようになれると言われています。

エネルギー原である食べ物の代わりに肝臓に蓄積されているグリコーゲンをエネルギーとして使います。
それによって内臓脂肪は効率的に燃焼できると言われています。

断食による男女の内臓脂肪の影響は大きな違いはありません。
しかし女性は、断食を行う場合、生理前や生理中は体調が悪化する可能性があるので生理後に行うことをおすすめします。

女性の脂肪は腕や足など様々なところにつきますが、内臓脂肪は男性ホルモンが関係しているため、全世代において男性のほうがつきやすいようです。

女性がお腹が出ている場合はつまめる肉である皮下脂肪がついている方が多いのに対し、男性のほうがお腹がパンパンに出ている人が多いのは内臓脂肪がついているからです。

また、3日以上の長期にわたる断食は、体がエネルギー不足を起こす非常に危険なものです。
どうしても行いたい場合は専門家の指導のもと行うようにしましょう。

内臓脂肪 男性 女性

断食には内臓脂肪を減らす効果はある?効果的な断食の方法は?

内臓脂肪があると、体重が少なくても太って見えてしまいます。一般的に、筋肉をつけて、内臓脂肪を落とすのが理想的な体重の落とし方です。効果的に体重を減らす方法で、リバウンドしにくく、今の体型をキープすることができます。

断食は食べないので、体重は日に日に落ちていきます。ボクサーなど、過度に体重を落とすことが求められている人がするもので、健康的に体重を減らす方法としては適切ではありません。

必要な筋肉が削げ落ち、だからといって内臓脂肪は変わらないので、体重に占める脂肪の割合が増えるので、隠れ肥満になります。効果的な体重の減らす方法ではなく、次に食事をした際に、一気に体が元通りに増えたり、前より太ったりすることがあります。

断食はあやまったやり方は危険ですし、効果的ではありません。体重の健康的な落とし方は、食事制限と適度な運動しかないです。断食などでは健康とは正反対です。バランスのよい食事をして、野菜中心の食生活を心がけましょう。

乳製品やたんぱく質やミネラルなどをたくさん摂取し、有酸素運動で筋肉をつけて締りのいい体にします。この方法は健康的な体重の落とし方なので、一か月に1キロくらいで、時間をかけて体重を落とせます。

内臓脂肪 断食 減らす