内臓脂肪の効果的な燃焼方法とは?内臓脂肪が燃焼される仕組みやメカニズムって?

内臓脂肪の燃焼方法で効果的なもの、また内臓脂肪が燃焼される仕組みやメカニズムについては以下の通りです。

まず燃焼方法ですが、内臓脂肪に限らず脂肪が消費されるためには酸素の力が欠かせません。ですから方法として効果的なのは運動で、全身に働きかけながら同時に酸素を取り込む有酸素運動がおすすめです。

効果を得るためには継続して20分程度行うことが必要です。では内臓脂肪が燃焼される仕組みやメカニズムに関してですが、まず運動を始めると体はそのためのエネルギーを必要とします。

ただしこの時点でエネルギーとして優先的に使用されるのは糖質で、まずは血中の糖質が、その次に肝臓や筋肉に蓄えられている糖質が消費されていきます。そしてそれらが不足してようやく、脂肪が燃焼され始めると言う仕組みです。

そのためある程度のまとまった時間、継続して行うことが必要だと言うことです。糖質が不足すると、血糖値を安定させるためのホルモンが脂肪分解酵素を生成する褐色脂肪細胞に働きかけます。

脂肪分解酵素は脂肪をグリセロールと遊離脂肪酸に分解し、これらは血液にのって全身の筋肉に届けられます。血中に届けられた遊離脂肪酸が褐色脂肪細胞内のミトコンドリアに取り込まれると、脂肪酸がエネルギーとして使用されると言うのが一連のメカニズムです。

内臓脂肪 燃焼 仕組み

BMIは内臓脂肪率にも関係あるの?BMIの計算方法って?

内臓脂肪とは、目に見えない体の中にある脂肪のこと、つまり腸や内臓に周りに蓄積する脂肪のことを言います。内臓脂肪率とは、この脂肪が体重のうちに占める割合のことを言います。内臓脂肪レベルを知る方法は、測定機能つきの体重計に乗るだけです。

またBMIとは肥満度数のことを言います。
計算方法は、体重(Kg)÷(身長m×身長m)で出ます。例えば身長が156cmで体重が48Kgだったら、「48÷(1.56×1.56)=19.72」という計算方法になります。

このBMI値が18.5-25で標準、25以上で肥満と判定されるそうです。最も健康的で病気になりにくい数値は「22」と言われているので「22」になるよう計算して自分御体重を増やしたり減らしたりするのも良いかもしれません。

BMIと内臓脂肪率は一見関係ないように見えますが、実は関係があります。
同じ身長・体重であっても筋肉や骨による重さ、または脂肪による重さなのかにより肥満判定が変わるからです。

つまり見た目が痩せていても、体の中に蓄積されている脂肪が多いと肥満とされる「隠れ肥満」や、
見た目が太めでも、脂肪は標準かそれ以下の人もいます。スポーツマンなどに多く見られるかもしれません。

体重が普通でもお腹がポコっと出てきたら内臓脂肪に関係があるかもしれないですね。

内臓脂肪 BMI 計算

内臓脂肪を燃焼する理想的な運動時間は?室内でできる運動方法って?

内臓脂肪を燃焼する理想的な運動時間はどれくらいなのか、また室内でできる方法でおすすめのものは以下の通りです。内臓脂肪は内臓の周囲についている脂肪のことで、脂肪を燃焼するためには酸素の力が必要です。

ですから種類としては有酸素運動がおすすめです。運動をした際に消費されるエネルギーは、まずは糖質から優先的に利用されます。

糖質が使い尽くされると血糖値が低くなるため、それを安定させるために褐色脂肪細胞が酵素を出し、この酵素によって脂肪が分解され、これがエネルギーとして利用されるようになると言うメカニズムです。

ですから有酸素運動はある程度の時間、継続して行うことが必要です。理想的な時間としては20分以上と言うのがひとつの目安です。

内臓脂肪を燃焼するためには、室内で体を動かすのもひとつの方法です。室内だと天候に左右されにくく、また人目を気にすることもないので、継続して行いやすいと言うメリットがあります。室内でできる方法として、まずは踏み台を利用した昇降が挙げられます。それからスクワットです。

特に下半身の筋肉を鍛えるスクワットは基礎代謝を上げることにもつながるので、ダイエット面でも効果が期待できます。それから道具やスペースがあれば、フラフープや縄跳びもおすすめです。

内臓脂肪 運動 時間

断食には内臓脂肪を減らす効果はある?効果的な断食の方法は?

内臓脂肪があると、体重が少なくても太って見えてしまいます。一般的に、筋肉をつけて、内臓脂肪を落とすのが理想的な体重の落とし方です。効果的に体重を減らす方法で、リバウンドしにくく、今の体型をキープすることができます。

断食は食べないので、体重は日に日に落ちていきます。ボクサーなど、過度に体重を落とすことが求められている人がするもので、健康的に体重を減らす方法としては適切ではありません。

必要な筋肉が削げ落ち、だからといって内臓脂肪は変わらないので、体重に占める脂肪の割合が増えるので、隠れ肥満になります。効果的な体重の減らす方法ではなく、次に食事をした際に、一気に体が元通りに増えたり、前より太ったりすることがあります。

断食はあやまったやり方は危険ですし、効果的ではありません。体重の健康的な落とし方は、食事制限と適度な運動しかないです。断食などでは健康とは正反対です。バランスのよい食事をして、野菜中心の食生活を心がけましょう。

乳製品やたんぱく質やミネラルなどをたくさん摂取し、有酸素運動で筋肉をつけて締りのいい体にします。この方法は健康的な体重の落とし方なので、一か月に1キロくらいで、時間をかけて体重を落とせます。

内臓脂肪 断食 減らす