内臓脂肪と皮下脂肪の落とし方で運動や有酸素運動は効果的?ダイエット効果は?

内臓脂肪と皮下脂肪の落とし方として、有酸素運動がどれくらい効果的であるか、またダイエットに対しても効果が期待できるかどうかは以下の通りです。

内臓脂肪は内臓の周りについた脂肪のことで、皮下脂肪は筋肉と皮膚の間についた脂肪のことです。どちらもたまり過ぎると疾病などの原因になるとされているので、たまり過ぎないようにすることが必要です。

そのためには運動が効果的で、脂肪を燃焼してエネルギーとして消費するためには酸素の力が必要不可欠です。ですから内臓脂肪や皮下脂肪の落とし方として有酸素運動はとても効果が期待できると言うことができます。

マラソンや筋トレと言った激しい運動をするよりも、ウォーキングや水泳などの有酸素運動の方が、脂肪の落とし方としてはおすすめできると言うことです。

そして運動はダイエットに対しても効果が期待できます。これはひとつには、脂肪が減ることで純粋に体重が減るためです。

そしてもうひとつは、体を動かすことで筋肉が体につき、それによって体の基礎代謝が上がることが期待できるためです。基礎代謝とは生命維持のために体が果たす機能、それによって消費されるエネルギー量のことです。

基礎代謝が高くなると、効率的にダイエットを進めることが期待できるので、そう言った面から見ても運動は良いことです。

内臓脂肪 運動 有酸素運動

内臓脂肪を減らすには有酸素運動や筋トレ、ストレッチは良い?

内臓脂肪を減らすには、有酸素運動が効果的です。
酸素を十分に吸い込みながら運動することで、酸素が脂肪燃焼を促してくれるからです。

有酸素運動を行っている時でも、たっぷりと酸素を吸い込めるようにするには、横隔膜が柔らかい状態であることで、肺活量が増えてたっぷりと酸素を取り込むことが出来るようになります。

胸の筋肉やお腹の筋肉、背中や腰周りを柔らかくするストレッチを行うことで、横隔膜が柔らかく動きやすくなります。

おすすめのストレッチは、ラジオ体操です。ラジオ体操には、前屈、後屈、体側伸ばし、ねじりの運動などがあり、3分程度の体操ですが、全身のストレッチを行うことが出来ます。

内臓脂肪を減らすには、代謝を上げることが鍵になります。歩きや水泳などの有酸素運動を行う前に、ストレッチを行うことで、横隔膜や筋肉が柔らかくなり、肩や股関節の可動域が増えて動きが大きくなることも、代謝が上がって脂肪燃焼に役立ちます。

筋トレ自体には脂肪燃焼に効果はあまり期待出来ませんが、筋トレを行うことにより、筋肉が付いて、代謝を上げるので、長期的に見ると、筋トレを行うことで筋肉を付ければ、代謝が上がって脂肪燃焼に一役買ってくれるでしょう。

内臓脂肪を減らすには、ある程度時間が必要です。
焦らず無理せず、運動していきましょう。

内臓脂肪 減らすには 有酸素運動