内臓脂肪や体脂肪の標準値は年齢によって変る?年代別の違いって?

内臓脂肪や体脂肪の標準値は年齢によって変わるのかどうか、また年代別に見ていくとどのような違いがあるのかについては以下の通りです。まず内臓脂肪や体脂肪の標準値ですが、これは年齢によって変わっていきます。

加えて性別によっても変わります。たとえば体脂肪の標準値プラスと言う値を見た場合、男性で18~39歳の人の場合は17~21%と言う数値が設定されていますが、60歳以降になると20~24%が標準プラスに該当する数値とされています。

そして女性の場合、18~39歳の場合は28~34%ですが、60歳以降になると30~36%にまでこの数値は跳ね上がります。体脂肪の中には内臓脂肪も含まれていますから、年代別の違いのひとつとしては、年齢が高くなればなるほど、標準の数値が高く設定されていると言うことが言えます。

これは内臓脂肪や体脂肪は、それまでの生活習慣や運動習慣が物を言うことが多いためです。

また年代が高くなると、それらを調節する役割を持つ性ホルモンの分泌が減少し、同時に生命維持のために必要な機能の中で消費されるエネルギー量も低下していき、脂肪を燃焼するのが難しくなるためです。

逆を言えば若い年代の人の数値は比較的シビアで、それを意識して過ごしていくことが年を重ねてからの健康を左右すると言うことができます。

内臓脂肪 年齢 体脂肪

内臓脂肪が標準の値より多いと健康に影響があり、不健康になることも?

内臓脂肪が標準の値よりも多いと健康に影響を与え、標準体重の人であっても不健康になってしまう危険性があります。

体重が標準よりも多ければ内臓脂肪型肥満、標準体重の人であれば隠れ肥満と呼ばれます。
脂肪には他にも皮下脂肪があるのに、なぜ内臓脂肪が特によくないのでしょうか。

この状態が不健康につながる理由を説明すると、まずは身体に内臓脂肪が標準よりも多く蓄積すると、エネルギーとして使われなかった脂肪が肝臓に大量に入ってきてしまいます。

そうなると、肝臓が不健康になって代謝が正常に働かなくなり、糖尿病になったり、高血圧や高脂血症になってしまうなど健康を損なう原因になってしまいます。

さらに、その行き着く先は脳卒中や心疾患などの恐ろしい病気なのです。
では、なぜ内臓脂肪が増えてしまうのでしょうか。

その原因としては、栄養素が偏った食事、運動不足などが挙げられます。
健康のために食事療法として、規則正しく食事を取ること、その食事の中身の栄養のバランスが適切かつ低エネルギーでなくてはなりません。

早食いが習慣になってしまった人もこれから改めていきましょう。
また、運動療法としてウォーキングやストレッチなどの運動を持続的に行ってください。

内臓脂肪 健康 不健康