内臓脂肪を減らすにはどんな運動が良いの?水泳やウォーキングでも効果あり?

内蔵脂肪を減らすための対策として、水泳やウォーキング等の運動を行うことをオススメします。日頃の不摂生が原因となって内臓脂肪が多くなってしまった方は決して少なくないはずです。

大きな病気を引き起こしてしまうリスクが高くなるので、早めに対策を講じる必要があります。内臓脂肪を減らすためには、やはり運動が不可欠になります。

まず、水泳を挙げることができます。水泳は全身を使うのでかなりのエネルギーを消費します。高い効果が期待できるので、特に行ってみるべき運動になります。泳げなくても全く問題ありません。

歩くだけでもかなりの効果があります。また、ウォーキングも内臓脂肪を減らす運動として良いと評価できます。ジョギングに比べて負担が少ないので、続けやすいメリットがあります。

まずは週に2回、30分ほどウォーキングを行ってみてください。よく有酸素運動は20分~30分続けないと意味がないと言われますが、総時間で30分に達していればいいので、何回かに分けても構いません。

したがって、通勤時間を活用したウォーキングだけでも、しっかり結果を出すことが可能です。エレベーターやエスカレーターではなく、意識して階段を利用するようにしましょう。

内臓脂肪 減らす 運動

内臓脂肪を効率的に減らす運動方法は?筋トレ、水泳、エクササイズは効くの?

運動で内臓脂肪を効率的に減らす方法にはどのようなものがあるか、筋トレ、水泳、エクササイズなどでおすすめのものは何かについては次の通りです。

内臓脂肪をカロリーとして燃焼し、消費するためには酸素が必要不可欠です。ですから内臓脂肪を減らす方法として最もおすすめの運動としては、有酸素運動が挙げられます。

エネルギーは糖質が優先的に使用されていくので、内臓脂肪を減らす方法としてこれを行う場合には、少なくとも継続して20分以上、行うことが必要です。種類別に見ていくと、まず筋トレですが、これは内臓脂肪に直接的に働きかける作用は低いとされています。

ただし基礎代謝を上げる効果が期待できるため、他の運動の効果を上げることが期待できるとされています。筋トレの中でも、体の中でも最も大きい下半身の筋肉に働きかけるスクワットがおすすめです。それから水泳です。

これは有酸素運動であり、なおかつ水の抵抗を受けることでより多くのカロリー消費を期待することができます。水泳の場合は、平泳ぎやクロールでも、長時間、ゆったりと泳ぎ続けることが良いとされています。

そしてエクササイズです。全身を動かすエクササイズは効果が期待でき、たとえば家事で行う掃除なども、ひとつひとつの動作を大きく行うようにするだけでも良いと言われています。

内臓脂肪 減らす方法 運動