筋トレをしても内臓脂肪が落ちない時の効果的な落とし方は?男性と女性で違うの?

筋トレを行っても内臓脂肪が落ちない場合の落とし方を男性と女性とに分けて見ていきます。内臓脂肪は生活習慣病を引き起こしてしまう原因となるので、絶対に放置してはいけません。ただ、筋トレを頑張って行っているが、なかなか落ちないと悩んでいる方がいると思われます。

内臓脂肪はホルモンや筋肉量に影響されるので女性よりも男性に多くあります。女性は腹筋運動と有酸素運動を行えば落とすことができますが、男性は筋トレなどの運動だけでは不十分と言わざるえをません。

落ちない場合の落とし方でおすすめなのは食事の改善になります。カロリー摂取量を消費量より少なくして、野菜を多く摂るとるように食生活を変えることが必要です。

脂っこい料理やアルコール、炭水化物は避けることが望しいです。美味しい食べ物が世の中に溢れていますが、内臓脂肪を落とすのであれば相当な我慢をしなければいけません。

また、男性におすすめしたい落とし方として、腹筋ベルトの利用を挙げることができます。効率よく腹筋を鍛えることができるので、利用する価値が大いにあります。数万円の費用はかかってしまいますが、内臓脂肪に効果があるのであれば安いものです。1番ダメなのは何もしないことです。

内臓脂肪 落ちない 落とし方

内臓脂肪の燃焼に効果的な運動は?筋トレやストレッチ、ランニングも効果あるの?

内臓脂肪は体の臓器についているものなので体型から判断しにくいのが特徴です。いくら痩せていても体脂肪は高くなのが、内臓脂肪がある場合があります。

この脂肪を減らすには効率よく燃焼させていく必要があり、運動が脂肪燃焼にもっともよいものです。もともと体脂肪の少ない人が体の脂肪燃焼としてまずは皮下などの体にある脂肪燃焼が先ですが、体脂肪が少ないのですぐに内臓脂肪も燃焼します。

そのために運動や筋トレでの燃焼が早いので効果が早いですが、体脂肪が高い方はなかなか効果が上がりにくいのが現状です。しかしこの燃焼も方法によっては可能で、実はストレッチなどのゆっくりした有酸素運動の方がランニングなどの激しいものよりもいいです。

ゆっくり呼吸することでランニングや筋トレのように体の一部だけで急激に燃焼するものでなく、ストレッチなどはじんわりと体で脂肪を燃焼していきます。

またランニングや筋トレのように年齢によっては行いにくい運動ではなく、ゆったりしたストレッチのほうが長く続きますし、また体への負担なく習慣として行えるのも魅力です。

このストレッチを行うときに大切なのは脂肪燃焼に必要な酸素を体にたくさん取り入れることが大切です。

内臓脂肪 脂肪燃焼 運動

内臓脂肪を効率的に減らす運動方法は?筋トレ、水泳、エクササイズは効くの?

運動で内臓脂肪を効率的に減らす方法にはどのようなものがあるか、筋トレ、水泳、エクササイズなどでおすすめのものは何かについては次の通りです。

内臓脂肪をカロリーとして燃焼し、消費するためには酸素が必要不可欠です。ですから内臓脂肪を減らす方法として最もおすすめの運動としては、有酸素運動が挙げられます。

エネルギーは糖質が優先的に使用されていくので、内臓脂肪を減らす方法としてこれを行う場合には、少なくとも継続して20分以上、行うことが必要です。種類別に見ていくと、まず筋トレですが、これは内臓脂肪に直接的に働きかける作用は低いとされています。

ただし基礎代謝を上げる効果が期待できるため、他の運動の効果を上げることが期待できるとされています。筋トレの中でも、体の中でも最も大きい下半身の筋肉に働きかけるスクワットがおすすめです。それから水泳です。

これは有酸素運動であり、なおかつ水の抵抗を受けることでより多くのカロリー消費を期待することができます。水泳の場合は、平泳ぎやクロールでも、長時間、ゆったりと泳ぎ続けることが良いとされています。

そしてエクササイズです。全身を動かすエクササイズは効果が期待でき、たとえば家事で行う掃除なども、ひとつひとつの動作を大きく行うようにするだけでも良いと言われています。

内臓脂肪 減らす方法 運動

内臓脂肪を減らすには有酸素運動や筋トレ、ストレッチは良い?

内臓脂肪を減らすには、有酸素運動が効果的です。
酸素を十分に吸い込みながら運動することで、酸素が脂肪燃焼を促してくれるからです。

有酸素運動を行っている時でも、たっぷりと酸素を吸い込めるようにするには、横隔膜が柔らかい状態であることで、肺活量が増えてたっぷりと酸素を取り込むことが出来るようになります。

胸の筋肉やお腹の筋肉、背中や腰周りを柔らかくするストレッチを行うことで、横隔膜が柔らかく動きやすくなります。

おすすめのストレッチは、ラジオ体操です。ラジオ体操には、前屈、後屈、体側伸ばし、ねじりの運動などがあり、3分程度の体操ですが、全身のストレッチを行うことが出来ます。

内臓脂肪を減らすには、代謝を上げることが鍵になります。歩きや水泳などの有酸素運動を行う前に、ストレッチを行うことで、横隔膜や筋肉が柔らかくなり、肩や股関節の可動域が増えて動きが大きくなることも、代謝が上がって脂肪燃焼に役立ちます。

筋トレ自体には脂肪燃焼に効果はあまり期待出来ませんが、筋トレを行うことにより、筋肉が付いて、代謝を上げるので、長期的に見ると、筋トレを行うことで筋肉を付ければ、代謝が上がって脂肪燃焼に一役買ってくれるでしょう。

内臓脂肪を減らすには、ある程度時間が必要です。
焦らず無理せず、運動していきましょう。

内臓脂肪 減らすには 有酸素運動

内臓脂肪のダイエットの効果的な運動方法は?また、筋トレは効果的?

内臓脂肪を落とすためのダイエット方法には運動と食事の両面の方法があります。
運動には筋トレ、有酸素運動、体幹・ストレッチなどがあります。

女性はいきなり、筋トレと言われても躊躇してしまうのでまずは、スクワットから始めていくといいです。
続けることに慣れることが効果を生みます。スクワットを三回セットやること。

スクワットを続けることで、脚の筋肉量が増えます。人間の身体の中で脚の筋肉量は一番大きいので、筋肉量を増やすことで、体脂肪が減り、内臓脂肪が減ることにも効果がありダイエットにつながります。

他の部位をトレーニングするよりも成長ホルモンが出やすくなります。このホルモンは体脂肪を燃焼し、筋肉をつけやすくします。

ただし、スクワットをたまにやったり、初心者では効果が半減している可能性が高いので限界までやらないと成長ホルモンがでにくいのです。軽い筋トレでは効果がでないので、慣れてくると目いっぱいの筋トレをやっていく必要があります。

つまり、体脂肪をへらすことで、内臓脂肪もへっていきます。
女性のダイエットで内臓脂肪を落とすには、脂肪を燃焼させる有酸素運動が最適ともいわれています。脂肪を燃焼することによって、代謝が活発になるからです。毎日少しずつでもやり続ける事が必要となります。

内臓脂肪 ダイエット 運動

筋トレはお腹周りの内臓脂肪の減少に効果あり?ビール腹にも効く?

内臓脂肪には筋トレのような運動よりも、有酸素運動を行った方が効果があり、ビール腹のようなお腹にも効き目があります。

内臓脂肪は皮下脂肪と比べて落としやすい脂肪です。有酸素運動を行うと、まず筋肉に蓄えられているグリコーゲンがエネルギーとして消費されます。次に脂肪が使われるのですが、この時に皮下脂肪よりも内臓脂肪の方が代謝が活発のため、優先的に使われます。

有酸素運動とは、ウォーキングや水泳など、筋トレのように一気に体を動かすものではなく、酸素を取り込む運動です。

もちろんお腹がビール腹になっている人にも効果はあります。

筋トレだと意識しないと毎日は行えませんが、ウォーキングなら普段の生活の中で少し遠くまで徒歩で買い物に行ったり、普段はバスに乗るところを一駅分だけ歩いたり、エスカレーターを利用するところを階段での上り下りに変えるなどするだけで簡単に行うことができます。

しかも、皮下脂肪に比べると内臓脂肪はやればやっただけ効果が出やすいのです。

ビール腹が気になる方も、少し普段の生活を変えるだけですっきりしたお腹に変わることができます。無理に筋トレなどをしようとしなくても、少しだけ歩く生活に変えてみてはどうでしょうか?

内臓脂肪 筋トレ お腹