内臓脂肪の脂肪燃焼に効果的な食事の栄養素は?おすすめの食べ物やレシピって?

内臓脂肪の脂肪燃焼には食事の栄養素が重要で、食べ物やレシピで脂肪燃焼にお勧めのものがあります。

内臓脂肪を減らすために食事制限することも大事ですが、下手に減らしすぎると筋肉も減ってしまい、基礎代謝を落としてしまうことにつながります。なので栄養素を考えた食事内容を摂ることで脂肪燃焼を効果を得ることが重要になってきます。

まず筋肉を出来るだけ減らさないことが大事なので、良質でヘルシーなたんぱく質を摂ることが必要です。なので、肉類は脂肪分の少ない部位を、マグロなどの魚や納豆などの大豆類が例として挙げられる食べ物です。

次に最低限の脂質を摂ることも重要です。ナッツ類や青魚がおすすめです。そしてビタミンやミネラルを摂ることも忘れてはいけません。ビタミンやミネラルを含む食べ物は野菜やキノコ、海藻や果物が挙げられますが、果物に限っては糖質も多く含むので食べ過ぎに注意しなければなりません。

これらの栄養素を摂取することで、内臓脂肪は燃えやすくなります。
言ってみれば、これらの栄養素を含む糖質の少ない食べ物を使ったレシピを使えば脂肪燃焼の効果を得られるのです。

ビタミンB群のうちグレープフルーツに含まれるイノシトールという成分が内臓脂肪の燃焼に効果がるので、グレープフルーツを使ったサラダなどのレシピがお勧めです。

内臓脂肪 脂肪燃焼 食事

内臓脂肪の燃焼に効果的な運動は?筋トレやストレッチ、ランニングも効果あるの?

内臓脂肪は体の臓器についているものなので体型から判断しにくいのが特徴です。いくら痩せていても体脂肪は高くなのが、内臓脂肪がある場合があります。

この脂肪を減らすには効率よく燃焼させていく必要があり、運動が脂肪燃焼にもっともよいものです。もともと体脂肪の少ない人が体の脂肪燃焼としてまずは皮下などの体にある脂肪燃焼が先ですが、体脂肪が少ないのですぐに内臓脂肪も燃焼します。

そのために運動や筋トレでの燃焼が早いので効果が早いですが、体脂肪が高い方はなかなか効果が上がりにくいのが現状です。しかしこの燃焼も方法によっては可能で、実はストレッチなどのゆっくりした有酸素運動の方がランニングなどの激しいものよりもいいです。

ゆっくり呼吸することでランニングや筋トレのように体の一部だけで急激に燃焼するものでなく、ストレッチなどはじんわりと体で脂肪を燃焼していきます。

またランニングや筋トレのように年齢によっては行いにくい運動ではなく、ゆったりしたストレッチのほうが長く続きますし、また体への負担なく習慣として行えるのも魅力です。

このストレッチを行うときに大切なのは脂肪燃焼に必要な酸素を体にたくさん取り入れることが大切です。

内臓脂肪 脂肪燃焼 運動

内臓脂肪の脂肪燃焼を助けてくれる飲み物って?お茶や酢など飲みやすいものはある?

内臓脂肪、本当にどうにかしたいですよね。脂肪燃焼でおすすめなのは実はコンビニにある黒酢飲料です。マイナーな飲み物ですから、あまり目につかないところに置いてありますが、1年中置いてあるので心強い一品です。

お茶ならよく聞くのがウーロン茶ですが、これはそのままだと少し飲みにくいですよね。ですので、ウーロン茶を多目にブレンドしてある飲み物がおすすめです。実はこれもコンビニでよく見かけます。内臓脂肪の脂肪燃焼にはとにかく体を温めることが大事です。

飲みやすい脂肪燃焼のお茶は実は紅茶。体を温める効果があるので、同じく温める効果があるシナモン、ジンジャー、オールスパイスなど入れて飲んでみてください。また、インドのお茶、「チャイ」もいいでしょう。

ジンジャーとスパイス、お砂糖のはいった甘いぴりっとした紅茶です。冬場自動販売機で見かけます。飲みやすいお酢はフルーツからできたものです。ブルーベリーが手に入りやすいかもしれません。

あとおしゃれなところではワインビネガーです。イタリアのワイン酢です。飲み物にお酢をほんの少し入れてみてください。アクエリアスにブルーベリー酢をたらしてみても美味しい飲みやすい飲み物になります。

内臓脂肪は手ごわいですが、どうにもならないものではありませんので、頑張りましょう。

内臓脂肪 お茶 酢