筋トレをしても内臓脂肪が落ちない時の効果的な落とし方は?男性と女性で違うの?

筋トレを行っても内臓脂肪が落ちない場合の落とし方を男性と女性とに分けて見ていきます。内臓脂肪は生活習慣病を引き起こしてしまう原因となるので、絶対に放置してはいけません。ただ、筋トレを頑張って行っているが、なかなか落ちないと悩んでいる方がいると思われます。

内臓脂肪はホルモンや筋肉量に影響されるので女性よりも男性に多くあります。女性は腹筋運動と有酸素運動を行えば落とすことができますが、男性は筋トレなどの運動だけでは不十分と言わざるえをません。

落ちない場合の落とし方でおすすめなのは食事の改善になります。カロリー摂取量を消費量より少なくして、野菜を多く摂るとるように食生活を変えることが必要です。

脂っこい料理やアルコール、炭水化物は避けることが望しいです。美味しい食べ物が世の中に溢れていますが、内臓脂肪を落とすのであれば相当な我慢をしなければいけません。

また、男性におすすめしたい落とし方として、腹筋ベルトの利用を挙げることができます。効率よく腹筋を鍛えることができるので、利用する価値が大いにあります。数万円の費用はかかってしまいますが、内臓脂肪に効果があるのであれば安いものです。1番ダメなのは何もしないことです。

内臓脂肪 落ちない 落とし方

内臓脂肪の落とし方!脂肪燃焼に効果のあるレシピやメニュー、食材は?

内臓脂肪は一度つくとなかなかそれを落すことは難しいですが、食事の仕方によっては適切な落とし方があります。脂肪の燃焼に最適なのは運動ですが、その前に実は体に筋力がないと脂肪燃焼はあり得ません。

つまり体にある程度の筋肉があると人間の体を維持するためにエネルギーが必要でそのために脂肪を燃焼して体温維持をします。内臓脂肪も例外なく燃焼しますのでまずは体に筋肉をつけつメニューをこころがけたほうが落とし方としてベストです。

筋肉をふやすには、たんぱく質を多く含んだメニューをおすすめします。レシピとして脂肪の少ないとり肉を使った食材メニューがいいです。特に胸肉という食材にはたんぱく質が多く、運動選手もよく食事に取り入れています。レシピとしては、トマトとの組み合わせたものがいいです。

トマトには脂肪燃焼のリコピコンが多く含まれており、併せてとることで落とし方としてベターで筋肉をつけてかつ内臓脂肪の燃やすという一挙両得の食材です。それ以外では大豆とトマトを使ったレシピも有効で、どちらもいい成分の逃さないようにスープまで栄養がとれる煮込みのものがいいです。

市販のトマトは使いにくいときには、ホールトマトを使った鶏肉や大豆の煮ものをおすすめします。手軽にできるからです。

内臓脂肪 レシピ 食材

内臓脂肪と皮下脂肪の落とし方で運動や有酸素運動は効果的?ダイエット効果は?

内臓脂肪と皮下脂肪の落とし方として、有酸素運動がどれくらい効果的であるか、またダイエットに対しても効果が期待できるかどうかは以下の通りです。

内臓脂肪は内臓の周りについた脂肪のことで、皮下脂肪は筋肉と皮膚の間についた脂肪のことです。どちらもたまり過ぎると疾病などの原因になるとされているので、たまり過ぎないようにすることが必要です。

そのためには運動が効果的で、脂肪を燃焼してエネルギーとして消費するためには酸素の力が必要不可欠です。ですから内臓脂肪や皮下脂肪の落とし方として有酸素運動はとても効果が期待できると言うことができます。

マラソンや筋トレと言った激しい運動をするよりも、ウォーキングや水泳などの有酸素運動の方が、脂肪の落とし方としてはおすすめできると言うことです。

そして運動はダイエットに対しても効果が期待できます。これはひとつには、脂肪が減ることで純粋に体重が減るためです。

そしてもうひとつは、体を動かすことで筋肉が体につき、それによって体の基礎代謝が上がることが期待できるためです。基礎代謝とは生命維持のために体が果たす機能、それによって消費されるエネルギー量のことです。

基礎代謝が高くなると、効率的にダイエットを進めることが期待できるので、そう言った面から見ても運動は良いことです。

内臓脂肪 運動 有酸素運動

内臓脂肪の落とし方!運動は効果あるの?運動療法って何?

内臓脂肪の落とし方として、運動療法の有酸素運動をすすめられると思います。有酸素運動は内臓脂肪を減らすだけでなく、筋肉量を増やして基礎代謝を上げていき、軽い運動をしただけ内臓脂肪を減らすことができる体質に変えてしまうのです。

内臓脂肪は皮下脂肪に比べると落とし方も楽といえます。運動療法で有酸素運動のウォーキングやジョギングをすると、まず筋肉に蓄えられたグリコーゲンをエネルギーとして使い、その次に脂肪が消費されます。

これに内臓脂肪は代謝が活発なことと、脂肪を分解するホルモンのノルアドレナリンなどへの感受性も高いので優先して使われます。落とし方でいつでも始められるのが、ウォーキングでしょう。

効果的に減らすには20分以上続けて歩くことや、歩くときの姿勢を正しく保つことと、インターバルでスピードを変えるだけで燃焼率を向上させることが可能になります。

またウォーキングとジョギングの中間くらいのスピードで行うスロージョギングも、歩くだけでは物足りないが走るのも辛いと思う方の運動療法として取り入れてみてください。20分続けることが難しい場合は、10分を2回に分けて行っても大丈夫です。

また脂肪を減らすほかに、筋肉を付ける筋トレも行うことが大切でしょう。

内臓脂肪 運動 運動療法

断食には内臓脂肪を減らす効果はある?効果的な断食の方法は?

内臓脂肪があると、体重が少なくても太って見えてしまいます。一般的に、筋肉をつけて、内臓脂肪を落とすのが理想的な体重の落とし方です。効果的に体重を減らす方法で、リバウンドしにくく、今の体型をキープすることができます。

断食は食べないので、体重は日に日に落ちていきます。ボクサーなど、過度に体重を落とすことが求められている人がするもので、健康的に体重を減らす方法としては適切ではありません。

必要な筋肉が削げ落ち、だからといって内臓脂肪は変わらないので、体重に占める脂肪の割合が増えるので、隠れ肥満になります。効果的な体重の減らす方法ではなく、次に食事をした際に、一気に体が元通りに増えたり、前より太ったりすることがあります。

断食はあやまったやり方は危険ですし、効果的ではありません。体重の健康的な落とし方は、食事制限と適度な運動しかないです。断食などでは健康とは正反対です。バランスのよい食事をして、野菜中心の食生活を心がけましょう。

乳製品やたんぱく質やミネラルなどをたくさん摂取し、有酸素運動で筋肉をつけて締りのいい体にします。この方法は健康的な体重の落とし方なので、一か月に1キロくらいで、時間をかけて体重を落とせます。

内臓脂肪 断食 減らす