内臓脂肪がつくのはお酒が原因なの?アルコールの量で影響は変わる?

お酒が内臓脂肪の原因になるかどうか、そしてアルコールの量によって影響は変わってくるかについては以下の通りです。内臓脂肪とは、文字通り内臓の周囲に脂肪が多くついた状態のことを言います。

食事から摂取した脂質は、肝臓で脂肪酸に分解され、小腸で吸収された後、使われなかった分は中性脂肪として肝臓に蓄えられます。

食事から摂取する脂質量が少なかったり、運動などで脂質を消費していると、内臓脂肪はつきにくいのですが、そのバランスが崩れていたりするとこれはつきやすくなってしまいます。

更に原因はこれだけに留まらず、お酒が関係していることもあります。酒類に含まれているアルコールも、脂肪同様、肝臓で分解されます。そしてその時には、中性脂肪が合成されやすくなります。

ですからお酒は脂肪肝のひとつの原因であり、アルコールの摂取量は、内臓脂肪に対する影響を大きく左右すると言うことができます。

このことを踏まえた上で体に負担かかかりにくいアルコール摂取量は、1日あたり中ジョッキ2杯程度、または2合の日本酒、3杯のワイン程度だと言われています。

そしてアルコールの種類によっては、糖質が多く含まれていることもあり、これも内臓脂肪の原因になり得ることです。ですのでできるだけ糖質の少ない種類を選ぶことも必要です。

内臓脂肪 酒 アルコール

内臓脂肪に悪い飲み物ってお酒?アルコール量を控えれば平気?

内臓脂肪に悪い飲み物、お酒は内臓脂肪に悪影響があるかどうか、またアルコール量は控えていれば平気かどうかについては以下の通りです。

まず内臓脂肪に悪い飲み物ですが、これはお酒などのアルコール類と砂糖がたくさん含まれている清涼飲料水が挙げられます。内臓脂肪は、余分な脂肪酸が中性脂肪となって内臓周りについたものです。

そしてアルコールが肝臓で分解される際には、この中性脂肪が多く発生します。更に中性脂肪はブドウ糖、つまり糖質の過剰摂取によっても発生しやすくなるので、清涼飲料水も、これに対しては悪い飲み物に分類されます。

特にお酒類は、内臓脂肪に対してとても悪影響になる可能性が高いと言われています。肝臓に脂肪がつきやすくなり、更にアルコール分解によって肝臓にかかる負担も大きくなりやすいためです。

またお酒類の中には糖質を多く含んでいるものが多いと言うのも、理由のひとつです。ただしアルコールは、量を控えて飲めば体にとって良い影響をもたらすとも言われています。

どれくらいの量が望ましいのかと言うと、男性で日本酒であれば1合程度、ビールの場合は中ジョッキ1本程度で、女性はこれよりも少ない量が良いとされています。

そして毎日、飲むのではなく、週の内1~2日は飲まない日を作るのも健康のためには必要なことです。

内臓脂肪 酒 アルコール

内臓脂肪の減らし方で、お茶や酢といった飲み物は効果的?お酒は悪影響?

内臓脂肪の減らし方として、お茶や酢といった飲み物を摂るのが効果的ですが、お酒は飲み方次第であまり良い影響はありません。

内臓脂肪減らしてくれる飲み物の中で、お茶は特におすすめです。
お茶の中でも杜仲茶はデトックス効果が期待できます。肝臓の働きを整えて脂肪分解酵素を十分に分泌されるため脂肪やコレステロールの吸収を抑えたり、血中や内臓の脂肪を掃除してくれるのです。

またプーアル茶も効果的に脂肪を落とし、血糖値の吸収を抑える働きをしてくれます。そのほかにも緑茶、黒烏龍茶、びわ茶なども同じような脂肪燃焼効果が期待できます。

そして酢も内臓脂肪の減らし方に効果的です。
内臓脂肪は肝臓が弱っていると燃焼できないのですが、酢の主成分である酢酸は肝臓での脂肪燃焼効果があるため、内臓脂肪の減らし方として一番効果的です。

そして同じ飲み物でも、お酒は飲み方を間違えると悪影響を与えるので注意が必要です。
適度な量のお酒は健康にもいいと言われていますが、高カロリーなため適量を越えて摂取してしまうと、脂肪はどんどん蓄積されてしまうのです。

肝臓がお酒の分解に手を回さなければならない状況は他の食べ物の代謝が疎かになりますし、お酒の原料である米や麦は糖質なので肝臓で脂質になりやすいのです。

内臓脂肪 飲み物 お茶